JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お忙しい所申し訳ございません。 事は25年前に起きたのですが、父親が75年ほど前にAと言う会社を起こしそこで長男

解決済みの質問:

お忙しい所申し訳ございません。
事は25年前に起きたのですが、父親が75年ほど前にAと言う会社を起こしそこで長男と4男の私が働いていましたが、25年ほど前に父親が亡くなりその時長男が専務で私が常務でした。長男は一時社長でしたが父親が代表権を持った会長と言う立場でしたので訳有って長男を社長から部長に降格させ、その時父親がもう一つ賃貸業の会社を設立し親族では長男は入れず父親と私だけで、その際に父親個人が所有していた土地建物、そしてAの会社の建物(実家である所に本社、貸事務所、住まい併用建物)も賃貸業の会社が買取りました、その理由は父親が亡くなった後相続、事業運営等の問題で兄弟争いがないようにと言う思い出の事でした、そもそも賃貸業は最初に設立した会社の事業が有っての会社ですので、母体そのものです。そこに二つの会社を設立したのは、父親が亡くなった後長男がAの社長で賃貸業の社長が私で有ればAの会社で長男が貸主である私と争いになる様な事を考える事が出来ない様、又兄弟争いが生じてAの会社で兄弟が共に事業をする事が出来ず別れたとしても、兄弟別々の会社を所有している事によって子供の生活を守ると言う親心だと思っていますが、父親が亡くなる際に私だけ病室に呼ばれ会社は共に別々に持っている様にと死に際に言われましたが、私わ父親に子供たちは世間と違って争いなど起こさない兄弟だと信じているので長男に賃貸業の会社に入れて良いかと尋ねたら決してそれだけは駄目だといわれました。その後長男、私、会計事務所他1名で後継者の件で話合いが有り長男がAの社長、賃貸業の方は生前中に父親が私を社長にしていましたので、私の考えで長男は役職は決めず役員として入れる事にし、長男が相続の処理の手続き等を進めている途中に長男から本日相続の件で会計事務所がAの会社に来るから実印を用意して会社にいる様にと言われましたが、急に言われても忙しいから無理と答えたら、なら実印を置いて行く様指示され、躊躇せずに実印を置いて行きましたら、後に賃貸業の代表者が長男になっており、そこで喧嘩をしたり公文書偽造と言う事で警察沙汰しても長男だから、ただ父親が残した会社を兄弟で共に大きく伸ばせればと思いその場は治めましたが、後に長男からAの会社に居られなくなる様な状況下が続き7年後に我慢の限界でAの会社を退職しました。しかし今までAの建物で実親そして私の家族も一緒に住んでいましたので、現在も母親そして私の家族も暮らしています。
しかし本日賃貸業の社長である長男から今日まで家賃を払っていないので今までは給料を支払った事にしてその給料を家賃に振替えていたが、会社事業内容が厳しくなってきたので賃貸業の会社では私は何もしていないのだから7月をもって賃貸業の方を解雇するので7月分から家賃を賃貸業の会社に振り込む様通知書がポストに個人投函してありました今までここに住んでいて賃貸契約をした事は一度も有りません、又この建物は父親が亡くなった後は貸事務所の方も借会社との契約は取りやめA社ですべての事務所フロアーを使う様に改修工事を行いましたが、今年の春先にA社が縮小移転をし現在この建物は4階建てですが後方の1,2階部分が2世帯住宅になっており1階が実母、2階は私の家族しか使用していません、その私にこの建物の電気、ガス、水道の会社には賃貸会社の支払い名義は取消してあるので上記3社に支払い名義の変更の連絡をすれば直ぐに変更出来る様になっているのでとの、指示通知書が届いたのですが、実家であり、相続権利も全て長男が自分の思い通りに処理を行っているにも関わらず、今になって60年ここに住んでいながら長男の指示に従わなければならないのでしょうか、電気、ガス、水道料金にしてもビルには私どもしかいないと言われてもビルに引き込まれている電気、ガス、水道は個人住宅の引込規模契約とは違うので、その支払いを全て私が払うのは可笑しくないでしょうか、ましてや、何時誰がこの建物に入って電気、ガス、水道を使用するかは私には判りません
この様な状況の場合どの様か事、行動、申し立てをすれば今まで通りの生活に戻れるのでしょうか。私の母親も今年で100歳になり、ボケと痴呆もひどくなり私と子供2人で看病するのも限界が来ています、この事が続けば25年間続いている限界も切れて殺違いになりかねません、このままで金銭の負担も無くここに暮らせる様にするにはどうしたら良いのかアドバイスを下さい、・・・・・・・・お願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、25年前のことでもめたことが、現在の問題につながっていると言うことですね。

とは言え、現状の問題は、家を退去しろと言う要求が、妥当なのかどうかだと

思いますが、社宅等を社員等に貸す場合は、福利厚生費になりますが

条件によっては給与所得ともなります。

ここは、顧問の税理士の先生にご確認されることです。

給与として支払われたものを家賃として会社に支払う形になっているのであれば

使用貸借(無償で借りる)とも言えないでしょうから

勝手に退去させることは出来ませんし、退去させるにしても

現在の借地借家法では正当な理由が必要です。

事業内容が厳しくなっただけでは難しいところでしょう。

とりあえず、相手の要求は受け入れられないと内容証明で返事を書くと良いでしょう。

問題があるなら、民事調停等の司法の場で争うと主張されても良いでしょう。

仮に、退去させるにしても、立ち退き料や引越代などを支払うのが一般的です。

お母様のことに関しては、成年後見制度をご利用されると、成年後見人の立場で

対応は可能と思います。

成年後見人は、ご相談者様のような親族後見人でも、司法書士の先生のような

専門職後見人でも構いません。

家庭裁判所にご相談されて下さい。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

満足ではないのですが、回答頂いた事に対し感謝致します。

今後の経過によっては又質問せせて頂きますが、その際は又先生に回答頂ければ幸いです。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

回答がご満足で無いと言うことで、お力に成れず誠に申し訳ございません。

追加で詳しくアドバイスが必要な場合は、マイナス評価はせずに

返信でご質問下さい。

よろしくお願い致します。

supertontonをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問