JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

認知症の遠縁の叔母が一人住なのですが、まだ症状がひどくない時からきている家政婦が仕事以外の時間に頻繁に出入りするよう

質問者の質問

認知症の遠縁の叔母が一人住なのですが、まだ症状がひどくない時からきている家政婦が仕事以外の時間に頻繁に出入りするようになり困っています。一度断ったのですが叔母が一人の時に強引に雇うよう押しかけて引き続き雇うようになりました。料金は叔母が払っているので私から強く発言できません。今では洗脳されたように頼っています。以前私との仲を壊すような告げ口や怪電話があったので叔母にそのことを説明してもすでに理解できない状態です。まだ具体的な被害は出ていませんが時間の問題と思われます。なにかいいアドバイスはないでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
こんにちは、質問を投稿いただき誠にありがとうございます。
家政婦さんはどこかの紹介所を経由しているわけではないのでしょうか?
紹介所に所属しているなら、所属もとに対して意見を言ってみてはどうでしょうか?
一番望ましいのは叔母さんの財産管理などをご家族などで出来るようにすることだと思います。
ご存知のことと思いますが、認知症状に応じて補助人・保佐人・後見人を選任することが出来ます。
補助人・保佐人・後見人は家庭裁判所に申し立てる手続になります。
候補者として親族などを揚げることもできます。
選任されれば財産管理や契約ごとなどについて本人の代理として管理することが出来るようになります。
一度最寄りの家庭裁判所や叔母さんが住んでいる地区の後見支援センター・地域包括支援センターに手続きなどについて相談されてはどうでしょうか?
また、後見人などが選任されるまでの間、叔母さまの預貯金などの出し入れや貴重品類についてはこまめに確認されることをお勧めします。
sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

申し遅れましたがここの紹介所自体が怪しい評判なのです。私は全くそのことを知らずに叔母に引き合わせました。今では認知がかなり進んで私を含む親せきに敵対するようになりました。私が財産を狙っているとか、かわいがっていた犬を私が殺したとか言いふらし、皆が訪問することにちゅうちょするようになりました。以上なわけで財産管理などさせるわけがありません。近くの支援センターには何回か相談に行きました。時間をかけて接触してみるとのことでした。

専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
後見人等の裁判所の手続きは本人の意思とは関係なく進めることになります。
認知が進んでいて日常生活の行う判断能力が無いと医師が認め裁判所が後見人などが必要であると認めればよいのです。
介護認定のレベルはどのようなレベルですか?
介護保険における「介護認定」と成年後見制度における「後見」・「保佐」・「補助」は必ずしもリンクしませんが、一つの参考・目安にはなります。
掛かりつけの医師やケアマネージャーの方に、後見人等の必要性が認められるかもう一度相談してみてはどうでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

丁寧なご返答ありがとうございます。

ここ数か月の急激な病状の悪化のため認定は受けておりませんが、かかりつけの医師の判断では補佐と補助の間とのようだといわれました。

ご存知のように他人の前ではまともな受け答えをするのがこの病気です。

買い物も一人でできてます。ただ親戚の間では前にもお知らせしたように

すべての悪意が私もしくは親戚のせいになっています。

まったくのマダラボケの状態です。よって本人が認定審査を受け入れる状態でもないし100%認知の状態でもありません。任意後見人の手続きはほとんど不可能と思われます。今はただ100%の認知状態を待つだけでしょうか?

質問者: 返答済み 2 年 前.

丁寧なご返答ありがとうございます。

ここ数か月の急激な病状の悪化のため認定は受けておりませんが、かかりつけの医師の判断では補佐と補助の間とのようだといわれました。

ご存知のように他人の前ではまともな受け答えをするのがこの病気です。

買い物も一人でできてます。ただ親戚の間では前にもお知らせしたように

すべての悪意が私もしくは親戚のせいになっています。

まったくのマダラボケの状態です。よって本人が認定審査を受け入れる状態でもないし100%認知の状態でもありません。任意後見人の手続きはほとんど不可能と思われます。今はただ100%の認知状態を待つだけでしょうか?

専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
保佐開始の審判と後見開始の審判の申し立てについては本人の同意は不要です。
進行の程度もありますが、医師に相談しながら申立についてほかの親戚とも相談して進めてはどうでしょうか?

法律 についての関連する質問