JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

離婚して1年8ヶ月になります。離婚理由は、妻の不倫です。何人も相手がいました。特定出来た相手からは慰謝料をもらってし

解決済みの質問:

離婚して1年8ヶ月になります。離婚理由は、妻の不倫です。何人も相手がいました。特定出来た相手からは慰謝料をもらってしまったので、妻から慰謝料を取るのは難しいと思いますが、財産分与はどうでしょうか。土地と家は妻が所有して現在も息子と二人で暮らしています。ただし、ローンがまだ20年あります。妻は作詞家で、年収6000万ぐらいはあると思いますが、預貯金はわかりません。会社も経営しています。わたしは妻の不倫が原因でうつ病と不眠症になり、現在も働く事がほとんどできません。元妻は、「財産分与は放棄するって言ったよね」と言いますが、そういう口約束をしたかどうか、当時の精神状態でうっかり言ったかもしれませんが覚えていません。書面での約束事は、離婚届以外には一切ないです。こういう状態ですが調停をして勝てますでしょうか。よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
こんにちは、質問を投稿いただき誠にありがとうございます。
離婚に伴う財産分与の期限は、離婚後2年間です。
また、財産分与の対象は婚姻期間中のうち別居するまでの期間に夫婦の協力で形成した財産です。
財産にはマイナス分も含みます。
離婚当時、預金や家の資産価値が合計1億円であったとしても、住宅ローンが1億1千万あれば、財産としてはマイナスです。
離婚よりも別居が早ければ別居するまでの期間の共有の財産が分与の対象です。
財産分与は基本的には半分ですが、片方の当事者の特別な才覚で収入を得ていた場合、必ずしも半分になるとは限りません。
今回のご相談御場合、元奥様の作詞家というお仕事は特別な才覚による収入として考慮の対象になり得るように思います。
なお、一度放棄する合意があるなら今から請求するのは難しいです。
ご自身が当時どのような約束・やり取りをしたのか?
メールなどで相手方にそのような意思を伝えていないか?
よく思い出してみてみたらよいと思います。
調停での話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には自動的に審判手続が開始され、裁判官が必要な審理を行った上で一切の事情を考慮して審判をすることになります。
放棄の意思表示が無いと思われるのであれば調停を申し立ててみても良いように思います。
sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信ありがとうございます。私は、大金を手にしたいのではないのです。数百万ももらえれば十分だと思っています。財産分与の放棄に関しては、メールでのやり取りはしていません。全て口約束だけで、記憶も曖昧ですが、メールしていない事だけは間違いありません。

それと元妻は今でこそ売れっ子の作詞家ですが、私も音楽家で、売れない時代の彼女を支え、彼女の曲のアレンジやギターなど、長年無償で行ってきて、現在彼女が在籍しているレコード会社に売り込みをしたのも私です。それは、私のCDのプロデューサーだった人物であり、その人に彼女の作品を聞かせた事から始まります。その後彼女は結局その人とも不倫をしていたのですが。

どうでしょうか。こんな感じなのですが、やっぱり難しいでしょうか。難しいなら諦めます。

質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答が不完全.
僕の投稿に不備もあったかもしれませんがもっときっぱりと「戦える」のか「戦えない」のか仰ってくだされば幸いです。
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
財産分与の協議は夫婦双方の離婚時(別居開始時)の財産が対象ですから、あなたが当時保有していた財産も協議の際は対象として明らかにするひつようがあります。
離婚時(別居開始時)の分与対象財産の総額が債務も含めて差引プラスで、その財産の大半が元奥様のもとにあるなら、調停不成立でも審判で財産の分与を認められる可能性は高いと思います。
分与の対象が何千万もプラスの財産があると仮定したうえで数百万の分与で一切の解決を考えているなら、調停の前に、そのように提示してみてはどうですか?
既にそのように数百万円を提示したうえで「放棄したはず」と返答が来ているなら、調停をするしかないように思います。
sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問