JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

始めまして。離婚後の子供との面会についての質問です。 2013年9月に離婚 →その際に相手から、下記条件を出され

質問者の質問

始めまして。離婚後の子供との面会についての質問です。
2013年9月に離婚
→その際に相手から、下記条件を出される。
・養育費は月3万(どちらかが再婚した場合は支払いなし)
・子供には月1~2回会わせる
この条件を飲まないと離婚しないとのことだったの書類にサインしました。
協議離婚だった為、公的証書ではないかと思います。
離婚した直後に相手側から日時を指定され、その日に子供に会わせろという連絡が来る。
予定があるので別の日にしてほしいとお願いをしたが、条件で相手側が指定してきた日時に合わせるのが当然だとひつこく電話とメールで連絡が来る。
とりあえず、別の日にと何回もお願いしても同じ事の繰り返しだったので、私が電話を拒否しました。
その後、養育費は支払いされてました。
2014年4月に私が再婚。その旨は相手には伝えていません。
2015年6月家庭裁判所から子供の面会について相手側が弁護士をたてて調停を立てたの通知がくる。
私は相手に子供を会わせたくありません。
再婚もして子供は今の旦那を父親だと思って生活しています。
混乱させたくもないし、私や今の旦那がいないところで知らない人と一緒にいれるとは思えません。
子供に会わせなくて済む方法があるなら、お金を払ってもよいくらいに考えています。
専門家のご意見をいただければと思います。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
こんにちは、
再婚の事実はおそらく相手方に確認されている事と思います。
正直申しまして永遠に子供と父親の交流を断つことは難しいと思います。
ただ、再婚してお子さんが新しい父親との生活にまだ慣れていない。
新しい生活に慣れていないのに実の親と会うと混乱が心配。
と思われるのであれば、そのように調停委員会にお話しして当分の間は交流を控えたいとお話ししたら、調停委員会としても相手方を説得しやすいのでは?と思います。
場合によっては相手方も受け入れてくれるのでは?と思います。
ただ、お子さんにとっては養親も実の父親も親であることに変わりはありません。
お子さんが実の父親に会うことが、子供にとって明らかにマイナスであるというような明確な理由・根拠があるなら別ですが、会うことがお子さんにとって何らかのプラスになるかもしれない可能性があるのであれば、今すぐではないとしても、いずれお子さんと実の父親が交流できる方法だけは残しておいてほしいと思います。
大きくなった時にお子さん本人が実の父親との面談を望まれる可能性もあります。
面会交流は子の福祉を優先に考え行うものです。
相手方が以前話した、「指定してきた日時に合わせるのが当然だ」という考えは正しくはありません。
あくまでも、双方協議のうえ子の福祉を優先して方法などを決めることが大切です。
お子さんはいくつですか?
お子さんが小学高学年や中学生の場合には、お子さんの意向も確認することになるかと思います。
小学高学年や中学生のお子さん自身が実の父親との面談を自分の意思で拒むのであればおそらく裁判官もお子さんの意向を尊重すると思います。

法律 についての関連する質問