JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4635
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

分譲団地で上階で火災が発生し消火活動により 下階(自宅)が浸水しました。当方は損害保険に入っておらず、損害賠償を市

解決済みの質問:

分譲団地で上階で火災が発生し消火活動により
下階(自宅)が浸水しました。当方は損害保険に入っておらず、損害賠償を市(消防局)に請求できますか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、分譲団地と言うことは、持ち家と言うことですね。

火事の場合、失火責任法と言うのがあり、失火者に故意および重過失がないと

責任を追及できないことになっています。

現時点で、上階の方の過失などは分からないのでしょうか?

基本的に、消防士の消火活動は正当な行為ですから、そこに補償を求めるのは

難しいと言えます。

公務員に対しては国家賠償法と言うのが、ありますが、故意過失が認められるかも

難しいところです。

持家である場合は、火災保険でリスク管理は必要だったかもしれません。

また、火災保険でも消火活動の放水による被害は、特約だけで認められているので

難しいところです。

火事と言うのは、なかなか怒りのもって行き様が無いのが現状です。

消防局よりも失火者の責任追及をしてみるのも手です。

判例では、主婦がガスコンロに火をつけたまま離れた場合でも重過失が

認められたケースもございます。

上手く行けば、損害賠償を認められる可能性もあります。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問