JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4759
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

相続の分割協議に入るのですが、兄が亡くなり、すでに兄嫁は、3年前に他界,子供も居ないし、両親も他界していますので、兄

質問者の質問

相続の分割協議に入るのですが、兄が亡くなり、すでに兄嫁は、3年前に他界,子供も居ないし、両親も他界していますので、兄弟姉妹が相続することになりました。9人兄弟姉妹で内、異母兄弟2人です、異母の方の妹の私が、亡くなった兄とは親しく付き合いがあり、兄嫁の入院時には兄夫婦に頼まれて付き添いをしましたが亡くなりました、兄は83歳で独居高齢になりましたが私の家からは遠いので兄が心配でありましたので、近所の人にお願いして何か変わった事があればと連絡をお願いをしてありました。ところ「郵便受けに新聞が溜まり家には鍵が掛かかつている。」との連絡いただき車で2時間かかり駆けつけ家の鍵を壊し中に入ると兄は倒れおり意識がありませんでしので救急車で搬送し一命を救いました。兄はその後自分のことを心配して、もしもの事があつたら頼むと言って家の鍵と現金や金庫の鍵などを私に渡しておりました。また、命の恩人だと、感謝され毎日夕方には寂しいと電話が入り励ましておりました。その間他の兄弟たちは兄のめんどうはみておりません。最後はありがとうと言う言葉も私に残して亡くなりました。
遺言が金庫の中から出てきて、裁判所に検認受け、開封すると内容は、財産目録でしたが、最後の行に兄弟姉妹で協議し、法律に沿って執り行ってくださいと書かれていたので、長兄がお前は、どんなに亡兄に、貢献していても関係ない、2分の1だというのです。他の兄弟は、何の世話もしていないけれど自身兄弟と言うだけで8等分でその内の1等分が、私と弟の分になるのでしょうか。また、民法904条の二「寄与分」には該当しないのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、まずは異母兄弟は半血兄弟となりますので、法定相続では

一般の兄弟の2分の1になります。

今回は、遺言が無かったのが、誠に残念でした。

遺言さえあれば、兄弟姉妹には、遺留分がありませんので、何の請求も出来なかった

のです。

この手の兄弟間のトラブルは、遺言で防止が出来たのです。

それでは、寄与分はどうなるかですが、最近の判例の方向性では

特別な貢献が無いと認められない状況です。

つまり、親の面倒をみるレベルであれば、それは当たり前でお金でみるものではないので

寄与分を認めないと言うのです。

とは言え、今回の案件は、兄弟における寄与分です。

お話からは、命の恩人など、かなりの寄与がされているとも思えます。

いずれにしろ、遺言が無い訳ですから、遺産分割協議書の作成が必要です。

ある程度、寄与分を主張してみて、応じない場合は

家庭裁判所の遺産分割の調停を申し立てるのも手です。

家庭裁判所の調停は費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要も

ございません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

早速ご回答有難うございました。内容は良く判りました。904条の二の寄与分の解釈についての判例をお願いします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

早速ご回答有難うございました。内容は良く判りました。904条の二の寄与分の解釈についての判例をお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

裁判の判例は、あくまで補完的なもので、必ずそうなると言うものではありませんが

以下等、参考になるのではと思います。

「大阪家庭裁判所平成19年2月8日審判 」
 被相続人に対する身上監護を理由とする寄与分の申立てに対し、被相続人が

認知症となり、常時の見守りが必要となった後の期間について、

親族による介護であることを考慮し、1日あたり8000円程度と評価し、

その3年分(1年を365日として)として876万円を寄与分として認めた。

「大阪家庭裁判所昭和61年1月30日審判」

8人兄弟中のひとりが、18年間にわたって被相続人に交際費を渡したり相続財産の

管理費を負担するなどして、その財産の減少を防ぎ、維持貢献したとして寄与分を

認めた。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問