JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

妻が勤務先の男性と不貞をし、離婚に至りました。妻はその後、不貞の相手方男性のマンションへ転居しました。転居以前からそ

解決済みの質問:

妻が勤務先の男性と不貞をし、離婚に至りました。妻はその後、不貞の相手方男性のマンションへ転居しました。転居以前からそのマンションの鍵を持っていたのを確認しましたが、そのマンションの鍵を渡したのが、勤務先企業の社長だった場合、妻や相手の男性以外にその法人、もしくは代表者を不貞に協力したとして共同不法行為などで、告訴し、慰謝料を請求する事は可能でしょうか?
マンションは会社が社宅として借りている賃貸マンションで、その男性社員が一人で住んでいる事は当然、会社も知っており、妻に家庭がある事も知っています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、離婚時には、慰謝料請求等をされていないのでしょうか?

離婚後の慰謝料請求は、3年の時効がありますので、3年以内なら

これから、請求されても構わないでしょう。

特に、離婚協議書を公正証書で作成していないなら、脅されて約束したのであれば

取消は可能です。ただ、親権の事でもめる可能性はあります。

元奥様が愛人と再婚されていますので、略奪愛と言うことで、単なる火遊びよりも

慰謝料額は高額になると思います。

それと、社長などの第三者ですが、特に民事と会社は関係は無いと思いますが

何らかの形で、不貞行為に加担して助長したのであれば

不法行為の共同行為者として慰謝料請求は可能です(民法719条)。

内容証明で慰謝料請求されると良いでしょう。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

相手側に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。

行政書士の先生が比較的お安いです。

応じなければ、民事調停等を申立てると主張されると良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

相手方、妻の家族構成を知った上、二人がそういう関係になったのをわかりつつ社宅の鍵を渡していた場合、その民法719条に抵触するのかどうかが知りたいです。

離婚したのは2日前でもちろん再婚はされていません。ただ、離婚時の証人に相手の名前、妻の転居先に相手の社宅住所が記載されていたので、現在妻が相手方で過ごしている事は間違いないです。

離婚の際、妻とは慰謝料請求しない旨と財産分与しない旨を公正証書に記載しました。

相手方へは特に何も書いていません。「彼にも請求しないという誓約書を書け!それが子供を渡したる条件や。」と離婚直前に妻に言われました。私は『これは私と彼の問題。あなたがでしゃばって交渉する事は弁護士法に抵触するかもしれないよ。だからあなた相手に彼への誓約書なんては書かない』と書きませんでしたので、相手には請求可能です。

ただ、相手にも請求できますが、その際に社長にも請求できるとなると相手は会社にまで迷惑がかかる事をためらい交渉が有利に働くのではないかと考えた次第です。

妻はいわゆるバツ2になりました。子供は二人ですが、連れ子だった上の子まで私の元へ置いていきました。

私にはその子を幸せにする義務があります。ごく一般家庭の父親よりも責任重大だと感じています。その子も含め二人の子を男手で育てて行くことを決意しました。

子供たちと過ごせるだけで私は幸せですし、お金だけではないとも思いますが、子育てには少なからずお金は必要ですので、交渉は有利に進めたいのです。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、公正証書で離婚協議書を作成したとなると

公証人の前で、同意したことになるので、脅迫などの取消は難しくなりますね。

とは言え、愛人に関しての取り決めが無ければ、愛人に対しての請求は

可能でしょう。

不貞行為をしていると知っていて協力しているなら、不法行為の共同行為者としての社長にも

慰謝料請求は可能です。もちろん、証拠等は、ご相談者様が用意しないといけません。

それと、仮に養育費を請求できていないのであれば、養育費は増減が可能な債権で

公正証書があっても内容の変更は可能です。

相手が応じなければ家庭裁判所の養育費の調停で可能です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問