JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私の知人が3年前に骨折をして老人保健施設に入ることになり、その時に実の妹家族(妹、甥、姪)にキャッシュカードをあずけ

解決済みの質問:

私の知人が3年前に骨折をして老人保健施設に入ることになり、その時に実の妹家族(妹、甥、姪)にキャッシュカードをあずけました
半年ほど前にその施設を退去して自宅に戻りました。
その際に通帳とキャッシュカードなどを返してもらったのですが、後日記帳をしたら通帳にあった2000万ほどが毎月引き落としほぼ0になっていました。
知人はキャッシュカードを渡したのは私だからとあきらめているのですが、このお金を何か取り戻す方法はあるのでしょうか?
また知人は子供がなく、弟と妹が存命ですが、相続人から妹家族を排除することは可能でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは、知人様のことで大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、知人の方は、特に認知症等とかで判断能力が劣っている訳ではないですね。

その場合、委任によって実の妹様が管理することは可能で法的には問題ありません。

委任は、民法の場合は、口約束でも成立します。

ただし、争う時には、委任状などの契約書などが必要です。

今回は、どこまでが、委任されていたかです。

贈与と言うことで無ければ、横領罪や窃盗罪もあり得ます。

ただし、親族の場合は、親族相盗例が働き、刑事告訴が出来ないことになっています。

家族の問題は、家族で解決すると言う、警察が民事不介入の理由にするところです。

とは言え、民事での不当利得返還請求は可能です。

場合によっては、調停や訴訟にすることも可能です。

とりあえず、引き出された証拠はありますから、内容証明で不当利得返還請求を

されると良いです。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

相手側に、本気度伝わり、なめられずに済むでしょう。

応じなければ、民事調停など裁判所に申立てると主張されると良いでしょう。

行政書士の先生が比較的お安いです。

次に、相続の件ですが、欠格事由や廃除と言う方法もありますが

そこまでするなら、遺言書を公正証書で作成された方が早いです。

実の兄弟には、遺留分がないので、遺言書さえあれば、兄弟に相続させなくても

済みます。

公正証書遺言も前述の専門家にご依頼されるとスムーズに進むでしょう。

また、認知症等になって判断能力が劣れば、成年後見制度をご利用されるのが一番ですが

判断能力が有る場合も、「財産管理契約」と言うもので、専門家や第三者にも

ご依頼できますので、そこで管理してもらえば、妹様家族に手出しは出来ません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問