JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

宅地建物取引業法に関する質問です。 国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づく専任媒介契約を、18カ月ほど前に、共

質問者の質問

宅地建物取引業法に関する質問です。
国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づく専任媒介契約を、18カ月ほど前に、共有者(売主甲)の代表(共有者の共同通帳の管理、対外の窓口の役目)が、共有者の了解なしに法廷報酬を支払う内容で不動産業者乙と締結し、3か月後有効期限が切れています。約款の第13条(直接取引)に「契約の有効期限満了後2年以内に、甲が乙の紹介によって知った相手方と乙を排除して目的物件の契約を締結した時は、契約の成立に寄与した割合に応じた報酬を乙は甲に請求できる」とのあります。3ヶ月前に直接甲に申し入れした買主丙と売買契約をし、近く決済のなります。ところが、最近、乙から丙に物件を紹介したのは当社だ(甲はそのことを知らない)と言われ、第13条により裁判にかけるといわれています。共有地代表者以外の共有者は報酬を支払うことになりますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>乙から丙に物件を紹介したのは当社だ(甲はそのことを知らない)と言われ
→この部分を否認すればよいだけのことではないでしょうか。すなわち、甲が乙を排除して丙と契約したとしても、13条が規制しているのは、甲が故意に乙を排除して丙と契約した場合のみであって、本件はこれに当たらない、という抗弁です。

法律 についての関連する質問