JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

認知症で入院中の姉の預金を、通帳を保管している兄が1000万ほど流用しています。 このことが発覚したのは、成年後見

解決済みの質問:

認知症で入院中の姉の預金を、通帳を保管している兄が1000万ほど流用しています。
このことが発覚したのは、成年後見人申請資料、預金通帳コピーで一か所の金融機関の出入金に兄の治療費5万円、〇〇分と自分の名前をメモして50万円、次女分として50万円をATMから出金していました。
8年前まで私が認知症の姉の預金通帳を保管していましたので、それぞれの金融機関の預金残高は把握しています。8年前から入院していますので、治療費と寝間着等の衣料品費があれば身の回りの日常必要な経費は医療費とは別途に病院から請求され自動振り込みです。
定期預金は解約し、家の建設費用や使途不明なATMからの出金が、過去10年間の通帳コピーから判明しました。
私としては兄と話し合い解決したいと兄に説明を求めましたが返事がありません。再三電話しますが居留守のようです。そこでお尋ねです。
認知症患者の預金流用の解決するにはどのよう解決方法がありますか。
返還請求、返還訴訟を私が起こす事が出来ますか。
もっとも今心配していることは、後見人が財産目録を確定し、裁判所に提出したら、それ以前の不正流用が正せなくなるのではとの不安です。
以上お尋ねします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、成年後見人の申立は最近のことと言うことでしょうか?

それ以前にお姉様は認知症が発症していたと言うことでしょうか。

認知症の方の財産をご家族やご兄弟であっても勝手に管理は出来ません。

そうなると、横領罪や窃盗罪の可能性がございます。

ただし、親族の場合は、親族相盗例が働き、刑事告訴は出来ません。

家族の問題は、民事不介入と言うことで、警察は対応しません。

とは言え、民事としての不当利得返還請求は可能です。

証拠があるのであれば、内容証明で、返還請求をされると良いでしょう。

応じない場合は、民事調停や民事訴訟をすると主張されても良いでしょう。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

相手に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。

また、後見人申請の時にそのことは家庭裁判所に疑わしくても主張すべきです。

後見人の立場で、返金請求も可能です。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

追加でお尋ねします。

1、不当利得返還請求、民事調停、民事訴訟は、後見人が財産目録を裁判所に提出した後でも問題にすることができるのでしょうか。

2、預金通帳のコピーから算出した金額は、合理的な資料に基ずく金額と認められますか。

3、金融機関に提出する委任状はその都度と思いますが、長期にわたって有効な委任状はありますか。定期預金の解約や普通預金通帳をATMが利用できるように変え、本人在住以外の車で1時間ほどのATMで出金しています。

正直にすべてのことを明らかにしてないので、後見人に伝え、相手の出方を見るのが現時点ではベストかなと・・・

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のご質問に分かる範囲でご回答致します。

1、当然、現時点の財産とこれまでの財産の経緯は異なると思いますので

その後に調べて発覚しても問題はありません。

ただ、実務で、現時点以外のものは調べないと思いますので

専門職後見人等の方に初めから言っておいた方が良いでしょう。

候補者がいない場合、裁判所が争いがある時は最初から弁護士の先生を後見人に指名してくれます。

ただ、本当は、親族や信頼おける知り合いの専門家の方が楽です。

2、整合性があれば、問題ありません。

3、委任状は、無くても民法では口約束でも成立します。

単にカードで引き出すなどの場合です。委任状を書いたときに判断の能力があるかが

ポイントですし、委任状を書いても、本人が認知症などでは意味がありません。

お話のようなことは、後見人でないと本当は出来ません。

相手の出方を見ていると言っても、今後は、判断は、後見人になりますし

ご相談者様(相続人)のために動くと言う意味合いはないので、争わない方が良いと

判断されてしまうかもしれません。最初に言っておくべきです。

後見人になる方が、確認をしてくれると思います。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問