JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1101
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

昨日の夜に社長からメールがきました。 その内容が、会社の経営が厳しいため、知り合いの会社に移動してもらいたいと突然言われたのですが、このような件は、不当解雇になるのでしょうか?

解決済みの質問:

昨日の夜に社長からメールがきました。
その内容が、会社の経営が厳しいため、知り合いの会社に移動してもらいたいと突然言われたのですが、このような件は、不当解雇になるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

「移動してもらいたい」ですと、現時点では会社から貴方への要請と思われるので、まだ解雇になっていないです。したがって、不当解雇の問題になっていません。しからしながら、もし、今の会社の雇用を強制力をもって終了させるということになると解雇になりますので、不当解雇の問題がでてきます。

「要請」は拒否することができます。「解雇」の場合は会社からの一方的な雇用の終了ですので、労働者の希望は聞くことなく雇用を終了させるものです。

今後の対処法ですが、今の会社で働くことを希望される場合は断れば良いです。仮に断っても雇用を終了させるということであれば解雇になりますので、次の整理解雇の四要件をすべて満たさなければ不当解雇となります。

①人員整理の必要性があること
②解雇を回避するための努力を尽くしたこと
③解雇される者の選び方や基準に合理性があること
④事前に十分に整理解雇の説明・協議をしたこと

ただ単に経営が厳しいだけでは整理解雇は認められず不当解雇となります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答有難うございます。

もともと、経営が厳しいことは知っていましたが、私が働いている会社は社長からのスカウトで入った社員ばかりで厳しいところに次から次へと社員が増え経営がサービス残業と休日のサービス出勤を強制され仕事をしていました。

先日、ミーティングを行った際、次の仕事を探している人や責任者の後任が決まり次第辞めると言う社員がいましたが、その社員に対して《いつ辞めるだ。早くしないと来月の給料が出せない》とばかり言ってきます。

辞めなければ、知り合いの会社に行けと言ってきます。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。

次から次へと社員が増えているのに解雇するのであれば整理解雇の四要件を満たさず不当解雇となります。

>「辞めなければ、知り合いの会社に行けと言ってきます。」

→ この言い方だと解雇ともとれるので、不当解雇の問題が生じます。対処法としては、「解雇なのですか?」のように会社に質問して、解雇かどうかをはっきりさせると良いでしょう。そして、解雇と言うのであれば「解雇理由証明書」の交付を求めると良いです。そうすれば、後々、「解雇した覚えはない。自己都合で辞めた」など言った言わないのトラブルを避けることが可能になります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答有難うございます。

私達には知り合いの会社に行けと言ってきますが、先輩達[年齢的にも再就に時間が掛かる年齢]には、「ここの会社に残りここの経営をやって欲しい。そうでなければ、ここを潰すしかない。」

と言ってきています。

また、この会社をやってもらえるなら社長が関わってる下請け会社との契約をし、そこの売り上げから社長にお金(譲渡金)を払えといわれました。

この場合、少し脅しが入ってると思いますが何も問題無いのでしょうか?

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。

そのような条件に応じる必要はまったくありません。
ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。

社長の言っていることの内容がよく分からない部分があるのですが問題があると思います。
※最初の解雇のご相談とは違うカテゴリの相談になりますので、評価後に会社設立・企業法務のカテゴリに新規でご投稿ください。もし、新規でご投稿をされる場合、社長にもう一度、どのような条件なのかを確認した上で詳しく書いて頂くと専門家も回答しやすいです。

法律 についての関連する質問