JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4627
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

こんばんは。宜しくお願い致します。子供がボール遊びをしてはいけない広場でソフトボールは練習中、キャッチボール中、相手

解決済みの質問:

こんばんは。宜しくお願い致します。子供がボール遊びをしてはいけない広場でソフトボールは練習中、キャッチボール中、相手が投げたボールが暴投してしまい、下の道路を自転車で走っていた方の肩に当たってしまったようです。相手はかなり逆上し救急車を呼び、余りの相手の剣幕に警察も介入。先程警察から帰って来ましたが、相手に治療費請求をその場でされました。診断書も持っていなかったので、相手に謝罪をし、連絡先を聞き帰宅しました。相手は被害届は出すつもりはなく、治療費を払ってくれればいいとのことです。今後、どうすれば良いですか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、お子様に関しては、年齢等にもよりますが

一般的には、過失傷害罪にあたる可能性がございます。

当然、未成年等で、資力が無い場合は、親権者である、親御様に民事での損害賠償請求が

可能です。

今回は、お話のように、ボール遊び禁止のところで、練習をされていた訳ですから

危険な場所で遊んではいけないと指導すべき親御様としての監督責任の

問題もありますし、判例では、概ねそれは判断されています。

結果論ではありますが、サッカーボールを避けようとして転倒して怪我や

最悪、死亡に至ることもあるので、慎重な対応が必要です。

事実として肩に当っていれば、当たり所が悪ければと言う意識は被害者の方には

あるでしょうから、あまり適当な対応をすると火に油を注ぐ形にもなります。

救急車を呼ぶぐらですから、打撲程度はあったのかもしれません。

治療費に関しては、実費で構わないと思いますが

慰謝料の請求はあるかもしれません。何十万円は必要はないと思いますが

実費に少し上乗せするぐらいで良いでしょうが

何にしても示談書は作成しておいた方が、安全でしょう。

また、誰も見ていないので、自作自演ではと言うような争いをすれば

話がややこしくなり、裁判等も起こされかねないと思われますので

ご注意が必要です。

場合によっては、相手に必要な額を聞いてみて法外な額の請求であれば

恐喝罪で逆に刑事告訴もあり得ます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。本当に当たっているのかは目撃者がいなくわかりません。ボールを投げた子の家は、本当に当たっているのかはっきりさせたい、被害届を出して下さいと相手に伝えたようです。子供も私達も白黒はっきりさせることは望んでいません。実際にその子が投げたボールが当たっているわけですから、私達とは少し立場も違うのかなとも思います。治療費を払うのは構わないのですが、そのあとから色々な請求などされない方法を取るのが私達の希望です。おっしゃる通り、示談の方法を取るのがいいと思っています。その場合、どういう手順を踏めばいいのか教えて下さい。示談をを進める際には、私達が直接交渉するのでしょうか?

質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。本当に当たっているのかは目撃者がいなくわかりません。ボールを投げた子の家は、本当に当たっているのかはっきりさせたい、被害届を出して下さいと相手に伝えたようです。子供も私達も白黒はっきりさせることは望んでいません。実際にその子が投げたボールが当たっているわけですから、私達とは少し立場も違うのかなとも思います。治療費を払うのは構わないのですが、そのあとから色々な請求などされない方法を取るのが私達の希望です。おっしゃる通り、示談の方法を取るのがいいと思っています。その場合、どういう手順を踏めばいいのか教えて下さい。示談をを進める際には、私達が直接交渉するのでしょうか? 相手は治療費だけの支払いを望んでいるとの事でした。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的に、示談とは、当事者同士で結ぶものです。

未成年者の18歳未満のお子様であれば、親権者が代理でされて構いません。

今回の案件について謝罪をすることを確認して

治療費を支払い、その後は、双方からの債権債務は無いと言うような

清算条項を付けます。

出来れば、公正証書が安全ですが、大袈裟なので、私文書でも良いでしょう。

相手が偽証しているかどうかは、この際関係ないでしょう。

仮に偽証をするような相手なら、尚更きちんと示談をして方がより安全と言える訳です。

私文書にしろ、公正証書にしろ、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生に

作成のご依頼をされるとスムーズには進むと思います。

行政書士の先生が比較的お安いです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問