JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4611
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

売買契約書の解約と契約解除について。 現在、副業として個人事業で衣料販売を行っているのですが、 従業員の判断で、

解決済みの質問:

売買契約書の解約と契約解除について。
現在、副業として個人事業で衣料販売を行っているのですが、
従業員の判断で、株式会社Linksprountと言う会社と契約を結びました。
先方の営業が巧みに話たそうで、実際には個人事業主ではないが、契約を
結んでおります。
即刻、契約解除しよと思うのですが、契約書の中に、以下の文章があります。
1.キャンセル・返品
1)乙が甲に対して、本パッケージを納入後は、原則として返品できないもの
とする。
2)本売買契約を締結した後、納品前のキャンセルの場合には、第2条で
定めた売買金の20%を甲に支払うものとする。
<質問>
この内容で、違約金なしで契約を解除する事は可能でしょうか?
石黒
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、日頃からその従業員は、勝手に契約などをする立場にあるのでしょうか?

確かに営業の巧みな場合に、法的な知識等が無いと騙されるような状況もあり得ますが

どのような状況で契約したのでしょうか?

仮に、その従業員が、事業主であるご相談者様の代理人として契約した場合

民法の表見代理の問題があります。本当は代理権が無いのに、相手の会社側にそのことに対する

過失が無ければ、契約は成立してしまいます。

相手の会社名からは、どう言う会社かはご不明ですが、多分、衣料関係等とかではなく

HP作成やSEO対策などのIT系の広告企業だと思いますが、どうでしょうか?

その手の会社は、大手の法務部門がある会社ではなく、法的な知識がないような

中小企業や個人事業主をターゲットにしています。

個人事業主の場合は、純粋な消費者では無いため、消費者保護法等による

クーリングオフのような救済は受けられません。

特に、リース契約などだと、中途解約が出来ない契約でトラブルに成りがちです。

そうなると、納品前であれば、20%の解約料を支払うのが法的には妥当とも言えますが

仮にITの広告業者等の場合なら、最初からはめてくることもあるので

徹底的に争うのも手です。

基本的に、HPなどのソフトはリース契約にそぐわないもので、無効と言う主張もあり得ます。

後、この手のトラブルは、ごね得と言うのはあり、相手の責任者を出せと

要求して、契約の解除をしつこく要請して行きます。

また、消費者被害では無いので、国民生活センター等にはご相談出来ませんが

経済産業省の中小企業課にご相談は可能です。

とは言え、最終的には、無料での合意解除は難しいので数万円程度の和解金は

必要になります。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。

契約は、一方的に営業が説明して、支払は信販会社経由で行うと

言う内容です。

既に信販会社には、審査の差し止めとを直接要請して、止まりました。

先方の営業に対しては、説明が不十分であった事、信販会社の用紙を記入させた後に、控えも置かずに持ち帰った事を理由に、契約の解除を申し入れていますが、添付契約書のキャンセルの条項を盾にして20%の

違約金の支払を要求されています。

添付の契約内容ですと、違約金は38万円になります。

違約金を少なくとも半分以下にしたいのですが、良いアドバイス

と手順を教えて頂けますか?

宜しくお願いします。

石黒

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、分かる範囲でご回答致します。

民法の契約の場合は、原則、口約束でも契約が成立するため

書類のあるなしは、証拠の補完的なものになってしまいます。

そう言う、隙間を相手も狙っているのでしょう。

この手の業者は、絶対に無料では引き下がらないので

20%と言うのは、実際に使用もしてないのに支払うのは高額過ぎますから

合意解除を粘り強く要求します。

相手が、どの程度の労力を支払ったのか、何か経費がかかることをしたのかを

追及して行き、半分まで覚悟をされているのでれば

もともと、何も販売して無いのですから、割と早目に折れる可能性はあります。

総額160万円位なら、10万円以下は目指しても良いでしょう。

最終的には、民事調停を申し立てると主張されても良いでしょう。

仮にHP作成やSEO対策の場合は、実は、リース契約は物でないと出来ません。

契約内容が、物になっている時は、契約内容が異なると債務不履行の主張や

民事の錯誤による無効なども訴えて行くと良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の回答ありがとうございます。

もう1つ教えてください。

神奈川県の経済産業省、中小企業課に直接相談しても大丈夫でしょうか?

出来れば、ここ、と言う具体的な部署と連絡先が分かると非常に

ありがたいです。

石黒

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

神奈川県の経済産業省と言うのは無いので

東京の本庁の中小企業課で構いません。

直接、ご相談下さい。

最終的には、相手方との合意解除的な話になると思われます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。

確認ですが、違約金を払う場合は、領収書の但し書きは、

品名とその違約金としてと、書いてもらえば良いでしょうか?

宜しくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

領収書に関しては、名目は、キャンセル料でも事務手数料でも構わないと思います。

雑費として経費にすれば良いと思います。

もちろん品目を書いて違約金でも構いません。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問