JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

営業マンとして雇って2か月(雇用手続はまだ)の者が、工事終了後(塗装関係)顧客から 直接集金していた事実が判明。会

解決済みの質問:

営業マンとして雇って2か月(雇用手続はまだ)の者が、工事終了後(塗装関係)顧客から
直接集金していた事実が判明。会社にはあくまでも会社として工事を請けたと説明して
おきながら、顧客に対しては自分(一人親方気分)の下請けで工事をやらせたと説明していた。会社の見積書も請求書も顧客には提出していなかった。連休明け、無断欠勤が続き、
連絡も取れなくなり、不審に思って顧客に連絡してみて、すでにその者に支払ったことが
判明した。この場合、横領になるのか? 本人から工事代金を回収できるか?出来ない場合
どのような法的措置をとることが出来るのかを教えて下さい。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
そのままポッポに入れている場合は、横領罪になる可能性があります。
雇用手続きは未だというので、社員ではないから、懲戒処分にすることは難しいです。

明日来るということですが、それまでに雇用手続きをすませて、直ちに譴責処分(始末書の提出)をさせることです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答有難うございました。

投稿が深夜であったので、早急な雇用手続は無理でした。

一応、本人との話し合いは出来ました。

お金は借金返済に使ってしまい、残っていないこと。今後は

厳重な管理の下、営業活動に励むことで会社に返済することを

確約させましたが、やはり雇用手続をしたうえで、また同じことを

繰り返した場合は、横領で被害届を出す方向にしたほうが良いと

云う解釈でよろしいですか。

専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
確約とありましたが、念書を一筆書かせることですね。これは試用期間中のものであろうと雇用契約成立後の社員であろうと同じですね。 あと減給なども積極的に使っていくことです。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問