JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

現在離婚調停中です。婚姻費用と離婚で申し立てがありました。車のローンなどで婚姻費用、養育費を考慮してもらえず、審判に

質問者の質問

現在離婚調停中です。婚姻費用と離婚で申し立てがありました。車のローン返済分は婚姻費用、養育費支払から考慮してもらえず、審判になり、算定表の金額で決定したら、支払えないです。強制執行されたら会社を退職しなければなりません。サラ金から借りて支払うしか思いつきません。精神的にも限界です。助けてください

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、車のローンの場合、その車の必要性になってくると思いますが

婚姻費用と言うことから、別居しているので、家族のために使うと言うことで

無い限り、考慮は難しいかもしれません。

例えば、相手の配偶者の方が、車を使用していて、そのローンをご相談者様が

支払うとか、あるいは、もともとその車で仕事をしているとかでないと厳しいでしょう。

ただ、離婚すれば、養育費だけで、婚姻費用の奥様の生活費は差し引かれます。

また、算定表は、その範囲であれば、一番低い額でも、家庭裁判所から文句が

出ることはありません。

また、逆に、お子様をご相談者様が育てると主張して、養育費を支払わないと

言う手もございます。育てるつもりが無くとも、交渉の材料として

親権を要求してみると言うのも相手に譲歩を引き出させる手です。

それと、強制執行は、給与から、会社が第三債務者として支払うだけのことですから

刑事事件では無いので、解雇されると言うことは無いと言えます。

あくまで民事ですから、それで解雇は不当解雇になります。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

返信ありがとうございます。。

口喧嘩が原因で妻が実家に帰り、その後連絡も取れず弁護士をたて調停になり、納得できません。

やはり車のローン返済が負担です。親権は現在監護していなく難しいと言われ諦めていました。婚姻費用が審判で決まり、離婚まで支払うのが苦しいので早々離婚した方がいいとアドバイスがあり、決断に悩んでいました。親権要求してみます。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

仕事などに必要のない場合は、車の売却も考えた方が良いかもしれません。

親権に関しては、親権と監護権を分けることも可能です。

離婚理由としては、性格の不一致レベルのような気もしますので

一方的な離婚要求と言うことで、慰謝料の請求もあり得るかもしれません。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問