JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

嘘ばかりつく、同僚がいます。その同僚から過去に退社した人は私が辞めさせた等の嘘を所長に報告され、私も困惑しています、

解決済みの質問:

嘘ばかりつく、同僚がいます。その同僚から過去に退社した人は私が辞めさせた等の嘘を所長に報告され、私も困惑しています、その同僚に仕事の事で注意はしたことがありましが、それを逆恨み。
その人は自己中心の考え方のひとで会社でもトラブルメーカーです。
もちろんですが私はイジメ等で同僚を退社に追い込んだ事は一度もありません。
名誉毀損で訴訟も考えて、調べているところです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。

回答するにあたり,確認させてください。

ご質問としては,名誉棄損で訴訟を提起できるかどうか,ということでしょうか。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事ありがとうございます!

提訴も視野に入れていますが、大学生の子供がおりまして、

費用、時間等を考えると諦めるしかないのかなと思いますが、

個人訴訟というのがあるとしりました。

その人は完全に同僚、会社からもすでに信用はありませんが、

会社も辞めろとは言えない、解雇しようものなら

逆に訴えられると怖れるような人物です。

私もこのままでは気が収まらないので何かいい方法があれば

教えていただきたいのですが……

質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事ありがとうございます!

提訴も視野に入れていますが、大学生の子供がおりまして、

費用、時間等を考えると諦めるしかないのかなと思いますが、

個人訴訟というのがあるとしりました。

その人は完全に同僚、会社からもすでに信用はありませんが、

会社も辞めろとは言えない、解雇しようものなら

逆に訴えられると怖れるような人物です。

私もこのままでは気が収まらないので何かいい方法があれば

教えていただきたいのですが……

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。
事情,了解しました。

会社員である同僚に対して何かいい方法というと,いくつか考えられます。

①懲戒処分を与える
嘘ばかりつくということは,会社の秩序を不当に乱しているともいえます。
そのため,会社の上司や相談窓口に対し,懲戒事由に当たることから,懲戒処分を与えるよう求めることが考えられます。

いきなり解雇したら訴えられるかもしれませんが,懲戒処分は解雇だけでなく,訓告,減給,出勤停止などがあることが一般的です。
また,懲戒処分を結果として行わなかったとしても,会社から調べられるだけで一定のダメージは与えられるのではないでしょうか。

②名誉棄損で本人訴訟
同僚が,事実と異なることを上司だけに個別に相談していた場合は,名誉棄損には当たりにくいですが,他の同僚などにも広く噂を広めている場合は,名誉棄損に当たりえます。
その際は,精神的損害に対して慰謝料を請求できます。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問