JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

平成26年の12月20日に、新築のアパートに入居したのですが、急な転勤で平成27年5月30日に引っ越しすることになっ

解決済みの質問:

平成26年の12月20日に、新築のアパートに入居したのですが、急な転勤で平成27年5月30日に引っ越しすることになったのですが、1年未満の退去は、家賃の1ヶ月分を請求するという特約事項があったようで請求されました。支払いに応じなければならないのでしょうか?特約事項とは、それほどの効力があるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。

回答いたします。

まず,特約とは,その名の通り,「特別な約定」という意味であり,当事者間では有効です。

質問者様がそれを納得して契約した以上は,法的に有効な約束となり,相手方は特約に基づいて請求できます。

契約時に説明がなくてその条項があることを知らなかった,重要事項説明で説明がなかったという場合は,請求を拒むことはできます。

しかし,そうでない場合は,相手方が例えば裁判などを起こせば,支払えという判決が出ると思われます。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問