JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

62歳 単身の女性です。 養子縁組の解消についてご相談します。 私が15歳の時に私の母(現在86歳)と義父が婚

解決済みの質問:

62歳 単身の女性です。 養子縁組の解消についてご相談します。
私が15歳の時に私の母(現在86歳)と義父が婚姻し、
その際私も 義父(現在74歳)との養子縁組をし、養女となりましたが、
最近になって、突然、 養子縁組の解消を迫られ、理由も分からず困惑しております。
母は現在 義父と二人で暮らしていますが、高齢で入退院を繰り返しており、
室内で転倒などして入院となっても、父から私への連絡は全く無く、母からの電話で駆けつける様
な状態で、 つい最近は私の従兄弟の葬儀の連絡すら有りませんでした。
私にとっては見に覚えのない扱いで、訳も分からず腹も立っていますが、伺いたいのは、
養子縁組を解消した際に私の被る被害について、です。
最近 義父の父親が亡くなり、生家の土地 建物を相続したそうで、私が養女のままだと、
父の死後 私の物になる? 事を回避したいのかも知れませんが、私としては、一切付き合いも無
かった 父方のそんな財産を相続するつもりは全くありません。
現在母と義父が住んでいる家も、母の名義になっているようですが、母の死後、義父が住むのなら
それで構わないと思っています。
それ以外で、養子縁組を解消した際に考えうる、私の被る被害は何でしょうか?
夫もおらず、考えあぐねてご相談させて頂きました。
ご回答を 宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
「養子縁組を解消した際に私の被る被害について」
ということですが、養子縁組を解消することによるデメリットは、相続権を失うことです。
質問者様は義理の父と養子縁組する事によって義理の父の財産を相続する権利を得ていますが、養子縁組を解消すると、その財産を相続できなくなってしまいます。
ただし、母親の財産は相続することはできますのできちんと権利を主張した方が良いでしょう。
養子縁組を解消することで質問者様が被る被害は相続のことのみです。その他のことは基本的に変わりません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

相続の権利のみを失うというご回答をいただき、有難うございました。

少し 安心いたしました。

母親の財産の相続分はきちんと権利の主張を・・・

とありますが、 母の死亡時に家が母の名義のままであれば、相続人は私になりますが、どんな主張が出来るのでしょう?

義父の代わりに私が住む、あるいは売却する事も

法律上は可能かと思いますが、義父が反対した場合は

裁判などになるのでしょうか?

その際、一切を弁護士の方にお任せしたとすると、費用はどの程度かかりますでしょうか?

また、勝率はどれくらいあるでしょうか?

重ねて ご回答お待ちしています。

宜しくお願いいたします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
>母の死亡時に家が母の名義のままであれば、相続人は私になりますが、どんな主張が出来るのでしょう?
→正確に言うと、お母さんの相続人は、質問者様と義理の父です。つまり、家は質問者様と義理の父で半分ずつの持分になります。
そうなると、質問者様にもその家に住む権利はありますが、義理の父にも住む権利はあるということになります。ですから、義理の父を裁判によって追い出すということはできません。どちらか一方が住むということになり、どちらか一方が家に住む場合は、賃料という名目で相手にお金を毎月支払う必要があるでしょう。
また、義理の父が家を出て行かない場合、質問者様は自分の持分を義理の父に買い取るように要求することも可能です。
家の価値の半分の値段を義理の父に払ってもらい、家の持分を譲るということになります。
ですから、義理の父が家を譲らない、出て行かない場合でも、お互いの家に対する権利は平等なので、裁判によって解決することは難しく、家に住まわせてお金を毎月払ってもらうか、持分を買い取るように要求するかのどちらかになります。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問