JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1122
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

私は上司が合わず、精神的におかしくなり6か月ほど前に休職に追い込まれ、先月から復帰してきました。(休職は2回目です)会社には上司が合わない旨を伝えておらず、自分自身に弱さ問題と考え

質問者の質問

私は上司が合わず、精神的におかしくなり6か月ほど前に休職に追い込まれ、先月から復帰してきました。(休職は2回目です)会社には上司が合わない旨を伝えておらず、自分自身に弱さ問題と考えていますが、復帰して直後、産業医からの残業規制がかかる中、残業をしないと終わらない仕事量に達しており、定時内で対応できる仕事量を超えております。休職復帰後、産業医に勤怠履歴は定時内で帰宅しているが、実際は残業している旨、伝えたところ、上司に何らかの勧告があったようで、急に私の仕事が同僚に振られ、同僚が更なる仕事量になり、同僚は、今まで以上にサービス残業を強いられている状況になっております。
残業について会社では残業申請制を取っておりますが、定時内でほぼ仕事が終わりません。上司に残業したいというと、繁忙期以外は大抵『今日やるべき仕事ではないので帰れと言われます。』が帰ってしまって、後日、仕事ができていないと『なぜできていないか?』と尋問のように問われ、時には打ち合わせや人前で叱責されることも、多々あります。仕事は日々山積みされているので、同僚を含め誰もが残業をしなければ終わらない量に達している現状があります。このような場合、残業申請せずに勝手に社員が残業しているので、社員はサービス残業をし続けるしかないのでしょうか?私はまだ復職後、産業医から残業規制で守られている部分がありますが、今後は、同僚と同じにサービス残業を強いられることになると考えると、また、精神的におかしくなりそうです。
上司にしっかり業務の状況を理解していただき、残業をできる環境にしたいのですが、下手に直接この話をすると逆上されて、今後の査定等に響いても怖いので言えません。
このような問題を法的に解決できるか?もし解決できるとすれば、どのように対応すべきが良いか?教えていただけたら幸いです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

サービス残業については労働基準法の問題、残業をしなければ終わらない仕事量については労務管理の問題です。残業をしなければ終わらない仕事量があって、他の社員は残業申請をせずに勝手に残業をしているという状況であっても、サービス残業をしなければいけないことはありません。

会社は当然、残業代を支払う義務があります。今回のご相談のケースの場合は、勝手に残業したから残業代を支払わなくて良いという理屈は通りません。残業をしなければ終わらない仕事量があって社員が残業をしているのを会社が分かっているのであれば(黙認している状態)残業代を支払う義務があります。したがって、サービス残業については会社に対して改善を求めると良いでしょう。それで会社が改善しないようであれば、労働基準監督署への申告が考えられます。(匿名での申告も可能)

サービス残業の問題が改善されますと、残業をしなければ終わらない仕事量がある点については会社が人を雇うなどの対処をとるべきものです。現状、残業代を支払わないことが通っているので会社は放置していますが、サービス残業をさせることができなくなると会社も対応せざるをえなくなるでしょう。そうなれば、残業が発生しても適正な残業ができるでしょう。

法律 についての関連する質問