JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

賃借人の義弟です。役40年間音信不通の兄(73誌)が入院中の担当医師から意識不明の状態との連絡を受けました。その兄は

質問者の質問

賃借人の義弟です。役40年間音信不通の兄(73歳)が入院中の担当医師から意識不明の状態との連絡を受けました。その兄は余命短く一人住まいの賃貸アパートを処分することとなり家主と解約の交渉になりましたが家主は敷金は古い話だし、貰っていないということでした。後日部屋から賃貸契約書が見つかり、それによると敷金(3万5000円x4か月分=14万円)の前納済みが判明しました。家主は2カ月分の家賃と部屋の片付け(運び出し)費用を要求をしています。更に便所のウォシュレットの新替の費用を要求してきました。如何なる対応を?よろしくお願いします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
まず、敷金の前納を証明できるのであれば、その敷金は返還してもらいましょう。賃貸借契約書があれば家主は言い逃れできません。きちんと返してもらいましょう。
そして、家賃の2ヶ月分の支払いができていないのであれば、それは支払う必要があります。また、部屋は現状復帰して返す必要がありますので、荷物を片付ける必要があるでしょう。
便所のウォシュレットは、義弟が故意に壊したのでなければ新しくする必要はありません。
単に古いので交換しなければならないのであれば、それは賃貸人が負担するべき費用になります。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございました。回答を参考に家主と交渉中ですが、家主は工務店も経営しており原状復帰の作業費用が高額(6畳ひと間で約17万円)で揉めている状況です。そもそも保証人もいない賃貸契約書で私ども兄弟が費用を肩代わりして支払う責任があるのでしょうか?義兄は年金生活で入院していて治療費にもお金が掛り余裕はありません。よろしくお願いします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
>家主は工務店も経営しており原状復帰の作業費用が高額(6畳ひと間で約17万円)で揉めている状況です。
→現状復帰とは新品に戻して返さなければならないということではありません。故意に壊してしまった、傷つけてしまったところだけを直せばいいだけです。したがって、17万円という費用は通常では考えられません。全てを新品にして返せという相手の主張は通りませんので、最後まで拒否しましょう。
>そもそも保証人もいない賃貸契約書で私ども兄弟が費用を肩代わりして支払う責任があるのでしょうか?
→質問者様は連帯保証人ではないのですね?そういうことならば、質問者様が費用を肩代わりする必要は全くありません。質問者様に請求しているのは全く筋違いです。
とはいえ、義兄にはその費用を支払う必要が生じてきますので、代理人として費用の交渉をしてあげるのは良いことだと思います。
回答が参考になりましたら、評価をしていただきますようお願いします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございました。家主の現状の請求は:4&5月分家賃7万円、撤去処分205200円(但しこちらの便利屋の手配で8万円)、原状復旧工事169236円、トイレ改修工事197316円合計641752円の見積もり請求があります。但し撤去処分の8万円と敷金14万円を調整すると376552円が退去に必要な金額といううことになります。当該アパート在住約14年間ですがこれらの数字についてコメントを頂けたらと思います。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
家賃と撤去費用は支払う必要がありますが、原状復旧工事とトイレの改修工事は借り手の負担ではなく、貸し手の負担です。14年も生活していれば経年劣化で色々なところが壊れてくるのは当たり前で、それを新品にするのは貸し手の責任です。したがって、家賃と撤去費用を合わせて15万円。敷金14万円を差し引くと退去費用は1万円で、部屋のクリーニングが契約書に書かれていれば、プラス3万円くらいで、4万円も払えば十分でしょう。
ただ、義兄が不注意で壊してしまったものがあれば、それは弁償する必要がありますので、そこは話し合いで決める必要があるでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

心強いご回答ありがとうございました。家主は一般建設業、宅建取引業、不動産業を営み各種の協同組合に所属しています。厳しい交渉になると思っていますが、最終的に調整する公的機関の有無及びその費用の概要についてご教示して頂きたいと思います。

法律 についての関連する質問