JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚問題

質問者の質問

離婚問題
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、夫婦関係が破綻していれば、不貞行為は成立しませんが

夫婦関係の破綻と言うのも客観的な証拠になります。

今回は、単身赴任と言うことで、離婚前提の別居になるかどうかの問題がございます。

例えば、単身赴任中でも、婚姻費用を決めて支払っていたり

お子様の面会交流についての決め事をしていれば、離婚前提の別居として

実績が成立する可能性はあります。

確かに、離婚届の送付などがあるので、破綻は可能性はありますが

離婚届を出す時点で、離婚条件を離婚協議書にして作成などされておいた方が

良かったかもしれません。

現時点では、離婚理由は、性格の不一致がメインになると思いますが

不貞行為の証拠があると、有責配偶者からの離婚は出来ないことになります。

奥様の行動は、単に慰謝料が欲しいのか、お金の問題なのかですが

お金の問題であれば、それで解決できるならした方が良い場合もあります。

離婚できずに非常に苦しんでいる方も多いのです。

まずは、離婚条件を内容証明で提示して、相手が応じれば、離婚協議書を

公正証書で作成すれば、離婚後のトラブル防止になります。

内容証明や公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生に

ご依頼されると良いでしょう。

行政書士の先生が比較的お安いです。

応じない場合は、家庭裁判所の調停を申立てます。

すぐに離婚に応じない場合は、別居実績が重要ですので、離婚前提の別居の

婚姻費用などの取り決めをされておくと良いでしょう。

最近は、別居実績3年プラスマイナス1年での離婚が認められることが多いようです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

昨日発覚したのですがこちらがメールで言っているだけで協議中ではないといわれ、こちらの家から彼女の税金の紙や写真が数点なくなっています。これは不法侵入ではないでしょうか?また個人情報保護の意味でも彼女の公的な請求書をもちだすのも違法ではないでしょうか?モチロン玄関は施錠していました。合鍵はすべてこちらで持っています。窓から入ったのでしょうか?そこは分かりません。写真は3月頭の写真です。離婚届送付は2月頭と思います。内容は書いてませんが当時のヤマトの送り状はあります。受け取って進級したらだすといった文面のメールも持っています。最悪、お金はともかく離婚進めたい場合はどうすればいいでしょうか。また彼女には被害いかないようにしたいのですが。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、離婚を前提としているので、夫婦と言えども

住居侵入罪はあり得ます。ただし、不貞行為の証拠として得た写真が

不法行為から得た物でも、証拠としては認められます。

相手としては、不貞行為があったことにどうしてもしたいのかもしれません。

慰謝料等も含めた離婚条件の提示をして、応じなければ調停を申し立てることです。

離婚さえしてしまえば、それ以降はストーカー行為規制法違反や迷惑防止条例違反で

対応は可能でしょう。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問