JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

六年前に専業主婦の嫁が国保を約90万ぐらい滞納、カードローンも30万作って、銀行の引き落としもままならない、役所から

解決済みの質問:

六年前に専業主婦の嫁が国保を約90万ぐらい滞納、カードローンも30万作って、銀行の引き落としもままならない、役所から差し押さえのハガキが来て発覚し、何とか親に頼んで滞納分とか借金、生活を安定させるために、約170万借りて何もかも返済した。
その時に専業主婦のままで家の事をちゃんとやってくれ、自分は働いて借金は自分のお金で返済していこう。その代わり月の小遣いは5000円で我慢してくれ、と言って納得してもらった。
だけど自分が仕事に行く時、朝起きない、弁当も作らない、家の片付けはちゃんとしなくて、週に一度は姉と遊びに行く。
ケンカした時などは二階から降りて来もしない。晩飯も作ったり、作らなかったり。何度言っても、最初の二週間はちゃんとするけど、後はやらない。
そんな感じで六年後、我慢の限界で嫁の胸ぐらを掴んで投げた。
それから、3ヶ月して別居、その時に嫁は、自分が作った借金は全額自分で払うと言っていたのに、1ヶ月後、今まで二人で返してきた分を差し引いた残りを払う、と言い出した。
弁護士の無料相談に行ったようで、借金は夫婦折半と言われたから私個人で払う義務はないと言う。
自分は借金を作ってないのに折半とは納得出来ない。借金は作ったもの勝ちなんですか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、現時点では、ご相談者様も奥様も離婚をお考えになっていると言うことでしょうか?

離婚後の財産分与における借金の配分での問題でしょうか。

国保の滞納と言うことは、自営業者と言うことでしょうか?

仮に離婚前提の財産分与で考えると、原則、婚姻中に形成した財産は

名義がどちらでも折半と言う考え方です。

当然、借金などのマイナスの財産も離婚後は折半の扱いになります。

ただし、それらは生活費などの夫婦や家族のものでの借金であり

個人的な趣味やギャンブルなどの浪費は含まれません。

ご相談者様の奥様の借金が個人的なものなら、固有の借金となりますので

ご相談者様が肩代わりをする必要はありません。

そう言う意味では、借金を作ったもの勝ちとは言えません。

ただ、今回の問題点は、金銭的な感覚の問題や借金は、性格の不一致的なものですが

ご相談者様が我慢の限界とは言え、奥様に暴力を振ったことは問題視されますので

DVとしての慰謝料請求などもありますから、ご注意が必要です。

とりあえず、借金について協議が出来ない場合は、家庭裁判所の調停を申立てれば

奥様個人の借金は、ご相談者様には関係ないと判断されるでしょう。

それと、離婚問題は無いと言うことであれば、借金をはっきりさせるためにも

お金を借りた親御様と奥様との間で、金銭消費貸借契約書を公正証書で作成すると

未払いの時に強制執行が可能です。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。

妻が言っていたのは、借金は生活費に使ったと言っていましたが家計簿、妻の日記などを見てみたら自分の服、化粧品、カバンなどをネットとかで購入していたようです。

借金がわかった時、男と遊んでたみたいで、待ち合わせ場所に姉が連れて行ったと聞きました

何もなかったと言う妻の言葉を信じて一生懸命家計も自分がやりくりしてきました。

離婚に関しては、何も言って来ません。

妻が家の事を余りしないのは、責任はないのでしょうか。

暴力は絶対ダメとわかっていたんですが。その場ですぐに謝ったんですが。

まだ言いたいことは色々ありますがメールでは限界があります。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、奥様の言い分には証拠がないといけません。

ご相談者様が、証拠があり奥様がご自分の遊興費や衣類等に使っているなら

固有の借金と言えるでしょう。

それと、家事をしない妻と言うのは、決定的な離婚理由ではなく

性格の不一致のような意味合いで、そのような細かい内容が重なれば

有責性があるとも言えます。

また、DVに関しては、かなりの離婚理由になるので、相手の出方が気になるところです。

今回のことを大きくして騒ぎ立てると面倒とも言えます。

謝罪としての慰謝料等も支払うなどの示談が必要かもしれません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問