JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

初めまして。 リースの契約時の営業マンのなりすまし行為について質問させていただきます。 現在、個人で整体院を経営

質問者の質問

初めまして。
リースの契約時の営業マンのなりすまし行為について質問させていただきます。
現在、個人で整体院を経営しております。
去年の10月頃にリース契約を結んだのですが、その際に来た営業マンが渡してきた名刺が別の社員のものである疑いが出てきました。
本来ならばあるまじきことですが、もし、別の社員に成りすまして商品の説明および契約書を交わした場合、それを理由に契約を無効にすることが出来ますでしょうか?
それとも、別人でも同じ会社の人間から説明を受けたということで契約は成立するのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>別の社員に成りすまして商品の説明および契約書を交わした場合、それを理由に契約を無効にすることが出来ますでしょうか?
それとも、別人でも同じ会社の人間から説明を受けたということで契約は成立するのでしょうか?
→あなたがわの抗弁としては、それこそ何でもあり、であらゆる手が成り立ちます。
先の事情については、甲社の社員Aを信じて甲と契約したのであるが、実はBであったという場合、自分はAを信じて契約したのであり、営業がAでなかったならば契約しなかったという場合は、要素に錯誤ありとして無効を主張するという方法があります。

>代筆に関しては ・氏名が直筆かどうかが重要である ・代筆の部分があったとしてもこちらの同意があった上での代筆であれば問題ない という回答をいただきました。
→署名については住所・氏名が一体となって契約当事者の特定がなされることにかんがみれば、住所が本人直筆でない場合は、契約自体が真意でないまたは作為の可能性があるから、一部の無効yは全体の無効を招来する、との抗弁が可能でしょう。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
ご評価ありがとうございます。またご不明の箇所などございましたら、。お気軽にお尋ねください。

法律 についての関連する質問