JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

妹の夫から事実無根のことで恫喝され、絶縁と母の資産開示を要求されている

解決済みの質問:

私は妹と交代で、独居の母(アルツハイマー型認知症・要介護2程度)の介護に携わってきましたが、突然、妹の夫に電話で恫喝されました(「お前は何様や!」とチンピラまがいの口調)。 何の脈絡もなく恫喝され、驚きのあまり電話を切りましたが、 その後すぐに嫌がらせメール攻撃が始まりました。 内容は「私の介護態度が許せない、こんなのは介護ではない」という批判と否定、 それと「私との絶縁」「母の資産開示、管理譲渡」の要求でした。 私には、批判をされることも、このような要求をたたきつけられる覚えもありません。 現状、介護はうまくいっており、金銭的な問題もいっさいないのです。 妹は、「(夫が)1人で勝手に思い込んでいるだけ」と言って、 何もできずにいます。 そのおかげで、せっかくうまくいっていた介護に支障が出て来ました。 妹との連絡もうまくとれず、私は母の家に近づくこともできません。 母の家は妹が相続しており、妹の夫はいつでも出入り自由なのです。 また、私はいわれのない脅しの恐怖と、 出口の見えない不安で心療内科にかかる状態に陥りました(現在も通院中)。 妹の夫はこれまで介護にはまったく無関心で、妹もほぼ私に任せっきりという状態でした。 それが突然、私と絶縁して介護権・資産管理権を要求してきたことを考えると、 この先も次々と無茶な要求をつきつけてくることが考えられます。 私はそのような妹の夫の行動を阻止し、 今後も健全な介護と資産管理を遂行していきたいと思っています。 また、事実無根の決めつけで私を恫喝し、愚弄し、 恐怖を与えて精神的な病気にしてしまったことに対する謝罪を求めたいと思います。 社会人として自分のしたことにきっちり責任をとってほしいです。 法的に解決する方法はあるのでしょうか。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、妹様のご主人様も多分妹様も含めて、何の目的もなく

ご相談者様をお母様から遠ざけようとはしないと思いますので

お母様の介護をしたいと言うような純粋な親子愛の話ではなく

お母様の財産狙いと言うことろでしょう。

現時点では、財産をご相談者様に使われ相続でも自分たちが不利になると考えたのでしょう。

そう言うことは、道義的にも法的にも問題です。

まず、ご相談者様が法的に介護や財産管理が出来るように成年後見制度を申立てることです。

後見人は、司法書士の先生などの専門職後見人でも、ご相談者様のような親族後見人でも

構いませんし、その複数でも出来ます。

そのことで、お母様の財産を守り、身上監護の立場で妹様のご主人様に対抗していくと

良いでしょう。

成年後見制度の利用にあたって、社会福祉協議会や地域包括支援センターにご相談されることです。

妹様のご主人様に関しては、脅迫罪や傷害罪や迷惑防止条例違反や

名誉棄損罪も考えられるので、お母様の手続きが終わっても文句を言うようなら

徹底的に争うべきかもしれません。

まずは、お母様の成年後見制度を申立てて下さい。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。

またこちらの不手際で追加情報のテキストが途中で切れており、

解読難解であったことをお詫び申し上げます。

以下、ご回答に対し、質問がございますのでよろしくお願い致します。

私はまず、SUPPERTONTON先生のおっしゃる迷惑防止条例違反等のことを切り札に、妹夫婦に自分たちが社会的に間違ったことをしているときちんと認めさせ、その上で成年後見制度を含むルールづくりができないかと思っています。

妹の夫がしたことは、本当にご回答にあるような罪に問うことができるのでしょうか。

仮に訴えた場合、勝ち目はあるのでしょうか。

私はこういった法的な事実をこちらの切り札として用意し、

話し合いを有利に進めたいのです。

それでも応じてこなければ、訴えるしかないのかもしれません。

また父の遺産分割協議の際、成年後見制度は裁判所を通すなどかなり融通がきかなくなると税理士から言われた記憶があります。

ただし、今回のようなケースの場合は、やはりこの制度が有効でしょうか。

あるいは、公証役場で介護や財産に関するルール作りをしてお互いに承認するという方法もあるのでしょうか。

ご回答いただければ大変嬉しく思います。

何とぞよろしくお願い申し上げます。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、分かる範囲でご回答致します。

警察の立場としては、事件が起きるまで動かないとか

単に扱うのが面倒と言うことでの対応もあると思います。

その場合、必ずと言って良いほど民事不介入と言われます。

刑事告訴となると、やはり懲役等もあり、下手をすれば人権侵害になるので

明確な証拠が必要となります。今後の相手側とのやり取りは録音などの記録を

していくことです。

とは言え、民事での争いはいくらでも出来る訳です。

民事調停や民事訴訟等で不法行為について慰謝料請求等で争います。

成年後見制度は、被後見人等が亡くなった後の相続には関わりません。

税理士の先生は、成年後見を専門でされている方は少ないので

代表的な専門職後見人である、司法書士や弁護士の先生にご相談された方が良いでしょう。

また、認知症の方の財産を親族であっても勝手に処分等する方が違法になるので

ご注意が必要です。

公証役場では、まだ認知症になっていない方の将来的なための任意後見の契約は

出来ますが、認知症になっている方の財産を親族であっても本人以外が取り決めは出来ません。

家庭裁判所に成年後見制度を早目に申立てる方が無難でしょう。

これは先にすべきです。争っている間は、法的にはお母様の財産を管理出来ないことに

なります。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問