JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

はじめまして。都内足立区に住む50代の男性です。既婚で今年から高校生になる息子と女房の3人で狭いながらも分譲マンショ

質問者の質問

はじめまして。都内足立区に住む50代の男性です。既婚で今年から高校生になる息子と女房の3人で狭いながらも分譲マンションに住んでいます。
相談は私の母(75歳)が住んでいる借家の立ち退きに関することです。
母は現在1人で埼玉県三郷市の借家に住んでいます。およそ40年程住んでいて、僕と弟もそこで育ちました。父は12年程前に亡くなり、母は年金生活者で受給額は月に12万円程です。
借家の家賃は¥52,000です。
2年程前に更新しに行ったところ、家主さんの息子さんから「2年後に契約の更新はしない」と言われたそうです。契約を交わしている家主が亡くなり、相続の問題なのだろうと母は思ったそうですが、高齢で年金生活者の母に新しく住むところは中々見つからず、半年ほど前に引越しに際して金銭的な補償をして欲しいと言ったところ、「半年以上も前に行ったのだから、その義務はない」と言われ、そういうものなのかと思い込み、三郷市からも僕等が住む足立区からもかなり遠い茨城県の藤代にアパートを見つけて契約をしてきました。
ただ、子供である僕も弟も大学生や高校生の子供がいて、それ程楽な生活でもなく、支援もままならない状態です。
新しいアパートは家賃が¥42,000で引越しの手配も含めて段取りは終わっていますが、再度補償の話をしたところ、今度は「まだ相続も住んでいないから、こちらが補償する義理はない」と言われたそうです。
母は処分しなければならない物置や外に出ているステンレスのテーブルなどはそのまま未処分で家主に処分してもらい、その分だけでも引越し費用が軽減できればもう良いと言っていますが、出来れば引越し費用と賃貸契約の初期費用位は貰いたいと思っています。既に引越しの日取りも4/23に決まり、家主にも母はそれを伝えてしまっているようなのですが、立退料の交渉は可能でしょうか?
アドバイスをお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。

回答いたします。

結論から言うと,立退き料の交渉は難しいと考えます。

まず,家主が契約更新を拒否するには,家主自らが使用する必要が出てきた,など正当な理由が必要とされています。

そして,そのような正当な理由の1つとして立退き料があります。

つまり,「これだけの立退料を支払うのなら,更新を拒否する正当な理由があるといえるだろう」ということです。

その点,本件の場合,立退き料が支払われるかどうかも決まっていないにもかかわらず,立退きに応じ,具体的な引っ越し先まで決めてしまっています。

これは,「立退き料の支払いがなくても,立退きに納得した結果」という解釈をされる可能性が高いです。

そのため,立退きを決めて,家主にも伝えてしまった今,立退き料の請求をすることは大変難しいと言えます。

引っ越し費用及び初期費用くらいを支払ってほしいと主張はできますが,お願いベースになってしまうと思います。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
早速の返信ありがとうございます。
母は半年くらい前にまだ引越し先が決まらないのに悩み、立ち退きの補償の催促に行っていますが、その時に半年以上も前から通達しているのだから(書面等はありません、口頭のみ)そのような義務はないと言われている。と、さも知っている弁護士がそう答えたかのように言われて諦めた経緯があるのですが、そういった場合でも変わりはないのでしょうか?
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
ご返信、ご評価ありがとうございます。
残念ながらそのような事実があったとしても、今から立ち退き料を請求することは難しいのが現状です。
というのも、立ち退き料をもらわなければ立ち退かないという意思であれば、次の引っ越し先を契約することはしないだろうと考えられてしまうのです。
ただ、今から出来ることもないわけではありません。
引っ越し日が決まっているとはいえ、まだ鍵は返していないのですから、立ち退き料をもらわない限り、鍵を返さない、つまり明け渡しはしないと伝えることです。
少し矛盾した行動にはなってしまいますし、家賃は二重に支払うことになることからデメリットはありますが、立ち退き料をもらえる可能性は出てきます。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答の質.
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

もしよろしければ,どの点を聞きたい,どの点が不十分だったというのを具体的に教えていただけますか。

補足して回答いたします。

よろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問