JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

弟が事業に失敗して破産しました。母は私の方に来ることになりました。まだ母名義の土地があり共有名義にしたくないので公正

質問者の質問

弟が事業に失敗して破産しました。母は私の方に来ることになりました。まだ母名義の土地があり共有名義にしたくないので公正役場の人と司法書士を呼んでつくりました。私と妹は知っていますが弟は知りません。先に登記した方がいいですか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
お答えいたします。
「まだ母名義の土地があり共有名義にしたくないので公正役場の人と司法書士を呼んでつくりました。」とありますが、公正証書で何を作ったのでしょうか?
1 遺言の場合、
遺言の効力は死亡時に生じますから、今から登記したら、相続税法9条のみなし贈与制度によって、生前贈与したものとして贈与税を課税される恐れがあります。
ですから、登記をしてはいけません。
また、そもそも、遺言を理由に、生前に登記することができません。
登記するとしたら、売買や贈与などを登記原因として登記申請をしなければなりませんが、そうした場合、贈与税の課税や、譲渡所得税の課税の恐れがあります。
2 贈与契約書の場合
その場合は、贈与契約書に従って登記をされた方が良いでしょう。
ご検討下さい
質問者: 返答済み 2 年 前.

すいません。母は今年に入ってなくなりました。

法律 についての関連する質問