JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

公正証書による相続が4年後に行われ、二男が相続し長男が農地を失ったため農業ができなくなった。

解決済みの質問:

公正証書による相続が4年後に行われ、二男が相続し長男が農地を失ったため農業ができなくなった。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。

もう少し教えてください。

①質問者様はどの立場ですか。

②どうしたいというご希望ですか。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

①質問者様はどの立場ですか。

A:農地を失った人から相談を受けていた者です。

②どうしたいというご希望ですか。

A:書いた二男はブラジルに住んでおり、こちらからの呼びかかに応答がないため、訴訟に持ち込む方法があれば知りたい。

父親の葬儀に帰国したとき、農地は要らないと告げてブラジルに戻ったのに、震災で家屋敷が流され、宅地部分の買い上げが決まったとたんに相続手続きが行われた。

妹が嫁ぎ先を勝手に飛び出し、同じ敷地内の母親と同居していている最中の震災でしたので、妹が自分の住まいを確保するため、公正証書の存在を知っていたその妹が、ブラジルの弟にけしかけたと疑っています。

買い上げ土地代金の支払い先が、弟名義であっても、妹が受け取ったと見ています。

もしお金の流れが証明できれば、贈与税を逃れている可能性があります。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

公正証書は,遺産分割協議書ということですか。

質問者: 返答済み 2 年 前.

公正証書の存在を知らなかったので、遺産分割協議の準備中に相続が行われました。

裁判所の窓口では、遺留分を請求しても弁護士費用にもならないといわれました。

よって、農業を続けるためには、農地が必要ということと、農業者年金を受けるにしても農業者でなくなった場合生活基盤が失われるかも知れないのです。

知りたいことは公正証書によって相続が行われているので、父親が死んだ直後は日本に居住していないため、相続は行われなかったのに、4年後の津波被害の後に行われたので、それまでの空白の時間を争えないかということです。

農業を続けるには、農地を買い取ることが必要で、現在買い取る書類を作っています。

買い取りたいと連絡をしても返事がないので、譲渡書類を農業委員会に弟が出す形式にして、農業委員会から種類を見ていただき、審査が通るようであれば、ブラジルの弟に送り、農業委員会に提出させたいと考えています。

もし書類が農業委員会に届かなければ、裁判所に譲渡代金の供託の手続きを行い、津波浸水の被害を受けなかった一部について、引き続き作付けを行うことにしています。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

>知りたいことは公正証書によって相続が行われているので、父親が死んだ直後は日本に居住していないため、相続は行われなかったのに、4年後の津波被害の後に行われたので、それまでの空白の時間を争えないかということです。

公正証書による遺言があるということですね。

相続手続自体は,特にいつしなければならないということはなく,4年後に行っても問題ないので,空白の時間を争うことはできないと考えます。

お父様が弟さんに農地を相続させる意思があったということですよね。

その場合に,農業を続けるならば,農地を買い取るか弟さんから借りるかしかないですね。

買い取る場合ですが,弟さんに売る意思がなければ,譲渡代金の供託などは認められません。

供託が使えるのは,あくまで契約があることが前提であり,その上で支払の受領を拒絶する場合だからです。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問