JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

10数年前義理の兄夫婦に500万円を融通しました。 ペンション経営が行き詰まり、消費者金融に手をだし、頻繁に電話や

解決済みの質問:

10数年前義理の兄夫婦に500万円を融通しました。
ペンション経営が行き詰まり、消費者金融に手をだし、頻繁に電話や来宅で頼み込まれました。私はそれまでの経緯がいろいろとありましたので反対し続けましたが、実の弟である夫が私には知らせずに融通してしまいました。義兄は月々必ず送金すると約束したようですが、そんな口約束を守るはずがありません。
その後、義兄の借金の保証人になっていた義父が死に、私たちは相続放棄をした結果、家や土地等すべてを兄に奪われ、期限を切られて家を出る羽目になりました。
現在実家の土地を借り、家を建てて暮らしていますが、夫は4年前に退職、私自身も今年度で退職し、無収入になります。いくらかでもローンの足しにと返済を頼んでもないものは返せないの一点張りです。しかし、働いている様子もなく、義姉は優雅に料理教室などを開いて現金収入を得ているようです。
証書も何もないわけであきらめるしか方法がないのかとも思いますが、共働きで苦労して得た金銭まで義理の兄夫婦に奪われたという思いが募り、怒りが込上げてきます。
500万円のうち400万円は当時義兄がお世話になっていた弁護士の口座に振り込んだようです。100万円は義兄の口座に振り込んだということです。
どうにかして、返済させる手立てはないものでしょうか。お知恵をお借りしたくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。

返済を求める場合,相手が任意に返済しない場合は,訴訟を提起し,その勝訴判決を基に強制執行をかけるしかありません。
そのため,今回も訴訟を提起するのが一番だと考えます。

ただし,心配なのが消滅時効です。
貸金の消滅時効は10年です。
しかし,10年の間に,兄夫婦がお金を借りていることを認めるような事実があれば,消滅時効は中断しますので,こちらの請求は認められます。

そのため,そのような事実をしっかり主張する必要があります。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

500万円を都合したという証拠は唯一弁護士の口座に振り込んだということだけです。

このケースは「500万円を取られておしまい」と言うことでしょうか。泣きつかれて仕方なくしたことで、消費者金融が相手だったこともあり、言われるがままに急ぎ振り込みましたので、こちらに有利な証拠は何も残っていません。そのような場合でもどうにかなるものかと質問をしてみました。訴訟に関しては私も一般的な知識がありますが、勝てる見込みはほぼないと判断せざるを得ないものでしょうか。ご指摘の通り10年という年月がたっています。ただ、手紙で返済を迫った経緯はあるのですが、義兄は直接会って夫と話をした程度で、その際はもちろん認めてはいますが、形としては残っていないと思います。訴訟に持ち込んだとしても不利な事ばかりでしょうか。お尋ねします。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

訴訟というのは,事情を知らない裁判官を説得する必要があることから,証拠が必要となります。

500万円を支払ったことは立証できると思います。

しかし,それが貸したものなのか,贈与したものなのかで争いになると思います。

相手が借りたことを認めた書面がメモなども含め何一つ残っていない以上,勝てる見込みは小さいと考えます。

厳しいことも含め,実務上の現実をお伝えすることも専門家の仕事だと考えますので,ありのままにご説明しました。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

何度もすみません。どのような形で「立証」できるでしょうか。弁護士に送金した銀行の記録でしょうか。よろしくお願いいたします。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

500万円の支払については,

①弁護士口座に送金した際の振込票又は通帳の記録

②その弁護士が当時,兄が委任していた弁護士であったこと

で立証できます。

なお,②については,何かその弁護士名義での書面で兄の代理人となっていたことが分かればいいのですが,何も理由がなく弁護士口座に支払うことは考えにくく,①が立証できれば,相手から具体的な反論がない限り②についても認められ,500万円支払ったこと自体は認められると思います。

よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問