JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

お世話になります。 今年64歳になる母が、家のリフォームによるオール電化(ソーラーパネルでは無い)の契約を先月18

質問者の質問

お世話になります。
今年64歳になる母が、家のリフォームによるオール電化(ソーラーパネルでは無い)の契約を先月18日に行いました。
オール電化工事による費用は150万円程でローンでの契約の為にローン会社の手数料(約50万円)を含め総額200万円程の契約内容でした。
ローン返済期間は平成27年4月~平成38年3月で、月々約15,000円の返済額です。
返済中に万が一母が亡くなってしまった場合は、返済が無くなる特約付きの契約でした。
しかし、一つ重大な問題があり、
母は、「月々の返済額に現在の電気料金も含まれる。」
と思って、契約したそうです。
オール電化にすれば、月々の15,000円程のローン返済額にどんなに電気を使った場合でも
返済額に含まれていると勘違いをしてしまったらしいのです。
契約前に担当の営業マンからの話を聞いていて、上記のように思ってしまったらしいのです。
オール電化のローン費用はあくまでも工事費用であり電気料金は別の話になってくると冷静に考えれば、分かる事なのですが契約してしまいました。
当の本人の母は、騙されたのか?と思っているのか体調を崩している状態の為に、息子の私が間に入っている状態で今回、ご相談させて頂きました。
オール電化の工事をしてしまった場合、母の収入だけではとても生活が厳しくなり10年も返済などできるか分からない状態です。
勘違いによる契約の解除をしたいと思っているのですが、クーリングオフの期間も過ぎてしまい、上記のような
理由で解除するにはどの様な選択をすれば良いのかお力添えを御願いしたく思っています。
もし、解除の確立が0%で無ければ、今後どの様な行動を起せば良いのか?思案しております。
現段階では、まだ工事は行っていません。
設置の流れとしましては、契約日後、約1ヶ月~1.5ヶ月後に、連絡が入り工事が行われるそうです。
何とかその前に、解除できればと思っています。
何卒、宜しくお願い致します。
氏田
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。

結論から言うと,現時点でも解除を主張することはできます。

お母様は,毎月の返済額に電気料金も含まれると勘違いしていたわけです。
そして,これに電気代が加わった場合,とても支払えない金額になることから,電気代が含まれていないと分かっていれば,契約しなかったほどの勘違いだったということですね。

このような勘違いは,法律的には「錯誤」といい,民法95条が規定しています。

(錯誤)
第九十五条  意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。

そのため,今回の契約は,無効であると主張することができます。

今やるべきことは,配達証明付きの内容証明郵便で,「錯誤があり無効であるから工事契約及びローン契約を解除する」という意思表示をすぐにすることです。
工事が始まる前の段階であれば,相手も素直に応じる可能性が高くなります。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返答有り難う御座います。

今回の契約をした会社が

本社(大阪)

株式会社 デヤーホーム

支店(宮城県)

株式会社 デヤーホーム

ローン会社(大阪)

株式会社 アプラス

となり、契約は支店の営業の方です。

そこで、

配達証明付きの内容証明郵便ですが、其々3箇所に送ったほうが良いのでしょうか?

また、

書面は、素人が文面を書くよりも弁護士の先生などに御願いし、郵送した方が効果は違いますでしょうか?

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

3ヶ所ともに送るのが間違いないと思います。

郵便代を節約するのであれば,工事会社もローン会社も両方とも本社に送っておけば大丈夫です。

文面は,確かに弁護士が作成した方がいいと思います。

それは,法的に筋の通った文章が書けること,相手も弁護士名義の書面が来ることで筋の通らないことは言えなくなるという効果が期待できるからです。

ただし,弁護士でなければ絶対にいけないというものでもありません。

お母様名義でも大丈夫です。

何より,「錯誤があったので契約は無効である」ということを相手に伝えるのが一番大事なことなので。

もし内容証明郵便の作成を弁護士に依頼する場合は,5万程度の費用が一般的です。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

大変参考になりました。

有り難う御座います。

早速、行動に移りたいと思います。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
そう言っていただけてよかったです。
こちらこそありがとうございました。

法律 についての関連する質問