JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

恋人にお金を貸したけど、約束の期日を過ぎても返してもらえません。返済してもらう方法はありますか?借用書はあります。

解決済みの質問:

恋人にお金を貸したけど、約束の期日を過ぎても返してもらえません。返済してもらう方法はありますか?借用書はあります。
昨年の3月に300万貸して、同年の6月には完済してくれる約束でした。8万だけ返済が有りましたが、292万未返済です。取り立てると破産すると言われています。彼が破産したら残額は戻らないですよね?返済してもらう方法はありますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、借主は、ご相談者様の恋人と言うことですが、今の関係はどうなのでしょうか?

結婚を考えたりされているのでしょうか。

基本的に、300万円程度で自己破産するとも考えにくいですが

借用書があると言うことですから、証拠があるので、手順を踏めば

強制執行は可能です。

そもそも彼は300万円もの大金を何に使うつもりでしょうか。

一応、金銭の返済期限は過ぎていますから、簡易裁判所に支払督促を申立てるか

地方裁判所に訴訟を申立てます。

借用書があるので、債務名義は取れると思います。それによって地方裁判所に

強制執行を申し立てます。強制執行は、彼のお勤めの会社を第三債務者として

給与から差し押さえるので確実です。

ご自分でも可能とは思いますが、弁護士の先生にご依頼された方がスムーズでしょう。

ただし、その前にダメ押しで、内容証明で請求してみて、応じないなら

訴訟等をすると主張されると、相手が譲歩するかもしれません。

300万円近くの高額ですから、分割での支払いになると思います。

その場合は、公正証書で金銭消費貸借契約書を作成されると

公正証書の場合は、未払いがあればすぐに強制執行ができるので安全です。

他にも、相手のご親族様にご連絡する手もございます。

借金は、親子でも連帯保証人で無ければ、請求は出来ませんが

道義的な問題や世間体で立て替えてくれる場合もございます。

ここからは無償のアドバイスですが

仮に、あくまで仮にですが、彼が、結婚をほのめかして金銭を要求して

何もしない場合は、結婚詐欺の可能性もありますので

刑事告訴すると主張すれば、譲歩はあり得ます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

6月に完済するか、結婚して月々支払っていくという約束でした。彼は今、定職が有りません。派遣登録して色々な仕事をしている状態なので決まった月収が有りません。

その場合も給料から、天引きすることは可能ですか?

別れたら破産すると言われてるので、まだ恋人関係は続けています。返済さえしてもらえるなら、別れたいです。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、やはり結婚等が前提のお付き合いと言うことですが

確かに、離婚原因の本当の意味で多いのは経済的な問題です。

今後、結婚したとしても、経済的な問題で喧嘩が絶えず、最悪、離婚に至る

ケースもあり得ます。

派遣登録していると言うことは、給与は派遣会社から支払われますから

そちらに強制執行することになります。

別れたら破産すると言うのも、ある意味、強迫罪や強要罪とも言えます。

公正証書で、分割で少しずつで良いから支払ってもらう金銭消費貸借契約書を

作成して別れた方が良いかもしれません。

公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

スムーズに作成できます。

行政書士の先生が比較的お安いです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問