JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1048
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

1.うつ病になった経緯を説明して、訴訟をしたい。 2.部署異動による環境変化(移動は移動先からヘッドハンティングさ

解決済みの質問:

1.うつ病になった経緯を説明して、訴訟をしたい。
2.部署異動による環境変化(移動は移動先からヘッドハンティングされた)
3.異動後、移動先の職務内容及び仕事の仕方は簡単に説明されたが
仕事の物量が多すぎて消化できない毎日が続く。部下もいない。
異動後、職場で変えるのが一番最後であった。
4.人間関係:モラルハラスメント、パワハラスメント。
5.一緒に仕事をしている人から、その人が所有している危険物を机の上におかれ
自分で処分することを求められた。
6.うつ病で長欠を何回いも繰り返すうち、上長から「怠け病」とも言われた。
7.長欠を繰り返すことにより信頼を無くし、誰からも話しかけられなくなった。
8.そして、部内で移動させて貰うことになり、異動後再発したら、「会社辞める」と
言った状況まで追い詰められた。その後長欠し、前の上長から「約束破ったな」
とも言われた。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

ご相談内容にご質問が記載されてなかったので、下記にこれまでのパワハラのご相談からの経験則に基づく回答をさせていただきました。

平成24年に厚生労働省がパワハラの行為類型として次のように発表しています。

(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

貴方のご相談内容の「5」.「6」は、上記の(2)に該当してくるでしょう。

「7」の誰からも話かけられないは、上記の(3)に該当してきます。

訴訟をお考えとのことで、弁護士に代理を依頼するか、本人訴訟といって弁護士に代理を依頼せずご自身だけで訴訟することが可能です。

>会社のなんでも相談室に投稿したが、反応なし。

→ 会社は従業員からパワハラの相談・申告があれば、パワハラの行為者と被害者と関係者に聴き取りなどの調査を行わなければいけません。そして、被害防止の策を講じる義務があります。ほっておくことは許されません。投稿でダメでしたら、直接、相談室に話をするのも良いと思います。投稿ですと紛失等の恐れがありますし、情報が不足していることも考えられます。

ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問