JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1122
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

本日、ハラスメント対策の窓口の本部長に相談してみました。 降格の取り消しと賃金ダウンの補填、ハラスメント加

解決済みの質問:

本日、ハラスメント対策の窓口の本部長に相談してみました。
降格の取り消しと賃金ダウンの補填、ハラスメント加害者の懲戒処分について。
しかし、賃金ダウンは役職を解かれ責任の少ない部署への異動のため、その分の手当てがカットされるので賃金の補填は無理とのこと。
加害者については、4月1日にハラスメントについて今後厳しく処罰するという宣言を社長が読み上げたことにより、今後のハラスメントについては厳しく処罰するが、それ以前のハラスメントは対象外とのこと。
全く納得できない旨伝えると、コンサルに処罰をするべきか相談するとの回答。
これらのやりとりの中で今回も期待が出来ないと感じ、正式に加害者に対し慰謝料請求をしたいと思います。
が、出来れば今後も会社には継続して在籍したく(無理ならば退職も止む無しですが)よい方法をアドバイスよろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。

新規でのご投稿ありがとうございます。

前回と今回の内容を読ませて頂きました。これでは、会社の対応にまったく納得できないのは当然です。そして、貴方が退職する必要はないでしょう。

加害者に対する慰謝料請求ですが、内容証明郵便又は訴訟での請求が考えられます。まずは、内容証明郵便が良いと思います。内容証明郵便の作成は専門家に依頼せずともできますが、できましたら弁護士に作成をお願いしたほうが良いです。書き方が良くなければ逆に訴えられるようなケースもあるのでやはり専門家に依頼したほうが無難です。また、弁護士から内容証明郵便が届くと一般的に相手は強いプレッシャーを受けます。

会社に対してはこのまま対応が変わらないようであれば、前回の回答でも紹介させて頂きましたが、労働局のあっせんや労働審判で降格の取り消しと賃金を元に戻すことを求めるのが良いでしょう。また、パワハラを放置して適切な対応をとらないようであれば、会社に対して慰謝料請求も可能です。

ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

早速、内容証明郵便での請求をしたいと思います。

約1年間、モラルハラスメントを受けてきましたが、どのくらい請求できるものなのでしょうか?(内容にもよると思いますが…)

それと、ハラスメント相談窓口に、加害者からの謝罪文の提出の要求と加害者の懲戒処分を求めましたが、色よい返事ではありませんでした。

『今までの規定が曖昧であったので、先日の内容のハラスメントに対する宣言以降の事例について、厳しく処罰・謝罪をさせる。』との窓口の回答ですが、

既に会社規定で『加害者を懲戒処分を含む措置を講ずる』と『加害行為者に対して被害者への謝罪要求をする』と記されており、この窓口の云う『宣言後から』と云う言い分は通るのでしょうか?自分は既に規定がある以上、懲戒処分、謝罪は免れないと考えていました。

ご回答よろしくお願い致します。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。

お返事ありがとうございます。

請求額は本当に決まったものはなくてケースバイケースです。弁護士に作成をお願いして金額も決めてもらったほうが良いと思います。直接の請求で解決しなければ訴訟が検討することになりますが弁護士に内容証明郵便の作成をお願いしていれば訴訟も引き続いて任せることが可能です。

> 既に会社規定で『加害者を懲戒処分を含む措置を講ずる』と『加害行為者に対して被害者への謝罪要求をする』と記されており、この窓口の云う『宣言後から』と云う言い分は通るのでしょうか?

→ 「今までの規定が曖昧」という会社の言い分ですが、どのように曖昧でなぜ懲戒処分を行わないかの説明が不足しているように思います。

就業規則の書き方によっては懲戒処分を行えないようなことはありますが、記載頂いた内容の懲戒処分の規定があったのでしたら宣言後からというのは理由として通らないでしょう。

法律 についての関連する質問