JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4768
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

子供の大学入学について、入学金納入と必須書類は提出済みだったが、前期学費の納付を結果的に遅延してしまい、入学取り消し

質問者の質問

子供の大学入学について、入学金納入と必須書類は提出済みだったが、前期学費の納付を結果的に遅延してしまい、入学取り消しの危機に瀕しています。奨学金での学費納入を考えていた為、わかりにくい入学要綱を見落としましたが、、納付締め切り日(3/20)の直前(3/18)に大学に問い合わせ電話を入れた際には書類不備は無く、入学OKとこれから案内があるからとの回答でした。本日大学に確認したところ、入学取り消しとの回答。子供には瑕疵無く、大学回答を勘違いした当方と、勘違いさせるような大学の回答、わかりにくい入学要綱と思い、なんとか、入学取り消しを復活させたいのですが、いかがでしょうか

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、入学手続きの見落としに関しては、ご相談者様側の過失であり

また、本来、大学入試の手続きは、お子様が確認すべきもので

お子様にも過失があると言えます。

仮に、大学側に、入学要綱が分かりにくいと主張されても、悪い印象を与えることになるでしょう。

高校までとは違い、大学側が、保護者の干渉をあまり良しとはしません。

頼むのであれば、お子様自身が、要綱を把握しいないことを反省していることを示しどうしてもこの大学に

入学して、こういう学問がしたいのですと訴えるべきかもしれません。

とは言え、大学側が大丈夫と言っていたと言うことは、証拠が無いかもしれませんが

主張されても良いでしょう。そこはポイントです。

入学辞退者も大学は少なからずあるので、補欠合格などの連絡が行けば

生徒数の問題もあり、難しいこともあるかもしれませんが

この手の問題は、ごね得と言うこともあり、大学に実際に親子で行かれて

お願いしてみることです。

基本的には、大学の場合は、私的自治が重要視されていて、司法の判断に

なじまないと言うことで、法的な対応は難しいと言えます。

これまでの、大学関係の判例はそのような対応が多いようです。

わかりにくい要綱にしても、そのことが把握できない生徒は入学して欲しくないと

考えているかもしれません。そう言う意味では、そこは批判せず

あくまで、遅れて申し訳ないけど何とかして欲しいと頼み込むことだと

思います。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

SUPERTONTON 様

早速のご回答ありがとうございました。

もう、日がありませんので、明日息子と大学事務局へ謝罪と嘆願へ出向きます。

大変ありがとうございました。

ご指摘無ければ、単身で乗り込み直談判に及ぶつもりでした。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

出来れば、親子で行かれた方が

大学側にもインパクトはあるでしょうし

同情を誘うのも手です。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

SUPERTONTON 様

何度もありがとうございます。

だめもとでがんばります。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問