JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2228
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

95才と90才の両親が3年前に世田谷の54坪の土地境界線で裁判を起こし、最近判決が出て負けました。今年3月と昨年12

解決済みの質問:

95才と90才の両親が3年前に世田谷の54坪の土地境界線で裁判を起こし、最近判決が出て負けました。今年3月と昨年12月に300万円ずつ、合計で1000万円位弁護士さんに銀行から振り込んでいるようですが、請求書等の書類はなく、口頭で金額を言われたと言っています。
また、なかなか終結しておりません、高齢の両親(要介護1と要支援2です)なので、
早急な解決を願っております。払ってしまっておりますが、請求書はいまからでも請求できるのでしょうか?また、まだどの位今後請求されるか?心配です。私は娘ですが、両親とは同居しておらず、いままでは、両親が弁護士さんとやり取りを行ってきましたが、上記のようなことになっておりまして、一度弁護士さんを尋ねようと思っています、アドバイスをお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
shihoushoshikun :

質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。弁護士や司法書士などの専門家は依頼者から報酬をもらう際には、きちんと請求書を発行し、どんな業務にどのくらいの金額がかかったのかを明らかにする責任があります。その弁護士は請求書などの書類を発行せずに報酬を請求しているということですから、まずは弁護士に対して、請求書と支払った分の領収書の発行を請求しましょう。今からでもできます。もし、弁護士が拒んだならば「弁護士会に相談します」と言いましょう。そして、今後お金を請求する際には、きちんと何にどれくらいのお金がかかるかを報告してください、と伝えましょう。「今後いくらお金が請求されるかわからないのに依頼はできない」ということをきちんと伝えることが大切です。弁護士に依頼したからといって、言われるままにお金を請求されることはありません。弁護士と依頼者できちんと話し合って、報酬を決めなければならないからです。弁護士に対してその点を指摘してみることをお勧めします。

shihoushoshikun :

回答に関して不明な点がありましたら補足しますので、返信してください。

shihoushoshikun :

回答が参考になりましたら評価をお願いします。

Customer:

回答して頂きましてありがとうございます、弁護士さんにお会いして請求書を頂きます。

Customer:

請求書を受け取りに行くことを弁護士さんに伝えてあり、お会いする予定になっております、

Customer:

請求書を発行して、受け取るために弁護士さんにお会いする予定です、ありがとうございました。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問