JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

年金分割の相談です。私は40代男性です。元妻とは以前離婚して、子どもは私が一人で育てています。結婚生活は16年で

解決済みの質問:

年金分割の相談です。私は40代男性公務員です。元妻は2年半前に子どもを置いて出ていき、その後離婚して、子ども2人は私が一人で育てています。 結婚生活は16年です。養育費は一切もらっていません。

実は今月9日、離婚して2年(H25年2月20日離婚)が経過したあと、突然家庭裁判所から年金分割審判申立が元妻からあり、文書が届きました。 元妻からの突然の分割1/2の訴えです。私は法律に則り、H20年以後の3号分割(1/2)には従いますが、それ以前の年金分割には応じるつもりがありません。 妻がこれまでしてきたひどい仕打ちを鑑みて、分割には反対なのです。 このような意志があっても、やはり婚姻期間16年分の年金は結局半分に分割されてしまうのでしょうか?

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、離婚においての年金分割は、3号分割と合意分割があるのは

ご存じだと思いますが、合意分割が協議で出来ない場合は

家庭裁判所の審判で決めることになります。

請求手続きは、離婚後2年以内ですが、2年経過後も家庭裁判所の調停を

申し立てることで延長が可能です。

また、離婚後の財産分与請求の時効が2年で、これは除斥期間も2年ですが

やはり、家庭裁判所の調停の申立で延長が可能です。

そう言う意味では、元奥様もいろいろ計画的だったかもしれません。

とは言え、当然、ご相談者様からも養育費の請求は可能であり

これまでの元奥様の不誠実な対応に対する慰謝料の請求も可能です。

慰謝料の請求は離婚後3年が時効ですから間に合います。

また、養育費の未払いの請求も出来ますし、養育費には時効はありません。

原則、調停になると、年金分割は半分と言うことになります。

専業主婦がそうですから、それ以下と言うことはまずありません。

その代り、慰謝料や養育費の請求も同時に申立てると

相手側も譲歩すべき部分があるとも言えます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ご丁寧な、心温まるご回答ありがとうございます。2人の子どもたちのためにも養育費等を主張してみたいと考えます。

ひとつだけお教えいただきたいことがあります。

今回元妻の家庭裁判所への申立日は、離婚2年経過するギリギリ直前(3日前)でした。

もしも、2年がすでに経過していた「あと」で家庭裁判所に申立てしてたら、受理されなかったのでしょうか?

実はご回答文の中に、「また、離婚後の財産分与請求の時効が2年で、これは除斥期間も2年ですが、やはり、家庭裁判所の調停の申立で延長が可能です。」とありました。

私は再婚せず、小学生と中学生の2人の息子を育てていますが、もしも家(持ち家)の財産分与まで言ってきたら、この家を売らなければなりません。

離婚後2年を経過(H27年2月20日で2年経過しました。)でも、財産分与を今、家庭裁判所に申立てられたらと思うと・・・

本当に心配が続きます。

2年経過していれば、その直前に元妻が申立てしていなければ、財産分与までされることはありませんでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

財産分与に関しては、2年が経過していればどうにも出来ません。

ただし、調停の申立の時に2年以内にひっかかれば、延長が可能と言うことです。

そうでなければ、延長は出来ません。

それが除斥期間の意味合いです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問