JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1101
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

おせわになります。引き続きの質問になりますが、弁護士さんに代理人になってもらい今月の30日で退社しようと考えています

解決済みの質問:

おせわになります。引き続きの質問になりますが、弁護士さんに代理人になってもらい今月の30日で退社しようと考えています。会社は解雇する気でいるので、現在鬱病も患っているので出社を止めようと考えています。
その旨会社に伝えたところ認めないとの返答でした。
出社するつもりはないのですが法的に問題になるでしょうか?辞表は1か月前に提済みです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

30日までの出社については、うつ病で働けないという医師の診断があれば、無理に出社することもありません。医師に診断書を書いてもらい会社に提出するのが良いでしょう。働けない診断書が出ている従業員を会社は無理に働かせることはできません。安全配慮義務違反となります。法的に問題となるのはこの件については会社のほうです。解雇となるかもしれない事案があったとしても、安全配慮義務が消えるわけではありません。

また、1か月前に辞表を提出していれば、民法の2週間前よりも余裕をもっての退職です。2週間未満の退職の場合は、会社から損害賠償請求がごくたまにあるのですが、1か月前でしたらそれはありません。

●民法627条
1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問