JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

おせわになります。 架空売り上げの件で会社を解雇になりそうですが、架空売り上げは 追い込まれ、精神も安定しな

解決済みの質問:

おせわになります。
架空売り上げの件で会社を解雇になりそうですが、架空売り上げは
追い込まれ、精神も安定しない状況でおこないました。
悪いことは承知しておりますし謝罪もしましたが、パワハラや
その他の管理不足は棚に上げ解雇は納得ができません。
弁護士さんに代理人になってもらおうと考えておりますが、
いかがでしょうか?
私はパワハラと架空売り上げの因果関係があるので退職の意思は
ありますが解雇は納得いきません。
アドバイスをお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 2 年 前.
こんにちは。

解雇の有効性を争うのであれば、弁護士を代理人にすることはおすすめです。

解雇をするには、相応の理由が必要です。
悪いことをしたという自覚はあったとしても、解雇は重すぎる可能性があります。

ただ、過去の質問を拝見すると、3000万円ほどの架空売上を計上したようですから、
これによって会社にどこまでダメージがあったのかが重要です。

パワハラについても証明できるかどうかが重要です。

仮に裁判で解雇が重すぎて無効であると主張し、勝つことができた場合には、
解雇されてから裁判が終わるまでの給与をもらうことができます。
再就職すると減額されたりもするのですが、利益が大きいことは確かです。

いずれにせよ、弁護士に相談、依頼は検討されてもいい事案だと思います。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問