JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1122
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

はじめまして。 私は静岡県浜松市に住む55歳の男です。 先月突然2年勤務していた建設会社(個人会社)より解雇され

解決済みの質問:

はじめまして。
私は静岡県浜松市に住む55歳の男です。
先月突然2年勤務していた建設会社(個人会社)より解雇され
2月分の給与も支払ってもらえず困っています。
(現在ハローワークにて失業保険は申請しました。)
私はこの会社に勤務する前は
個人にて同じ建設業を営んでおりましたが
この会社の実質オーナーに依頼され2年前にその会社の顧客も引き継いだカタチにし、
一緒に事業をする事となりました。
私の持っていたトラックや道具なども持ち込んでいました。
現在、先方に2月分の給与及び解雇予告手当の支払いと
私の持ち込んだ機材の使用料を支払ってもらいたく話しを持ちかけたところ
私の担当した仕事の赤字分を回収しないと支払ってくれないと言われています。
大変困っております。
こういう場合は先方よりそれら金額を支払ってもらえるのか
ご相談したく連絡いたしました。
どうか宜しくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

労働基準法により給料は必ず給料として支払わなければいけません。仕事の赤字を回収できなければ給料を支払わなくても良いわけではなく、赤字の回収は関係なく給料を支払わなければいけません。

根拠条文は24条です。「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければいけない」

これを全額払いの原則といいます。

解雇予告手当も仕事の赤字を回収できなければ支払わなくて良いものではありません。

今回のケースにはあてはまりませんが、賃金と借金の相殺も労働基準法により禁止されています。

対処法ですが、訴訟することができますが、まずは、労働基準法違反なので労働基準監督署に申告すると良いでしょう。労働基準監督署は労働基準法や労働安全衛生法などの違反を改善指導するのが業務の一つです。労働基準監督署の労働基準監督官には会社や工場などを臨検・資料の提出を求める権限や、特別司法警察職員としての権限があります。

質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。

未払いの給与及び解雇予告手当の件を労働基準監督署に相談してみましたが、労基署の見解は、私がこの会社のオーナーに誘われて務めだした経緯が、共同経営的な立場と思われ、労基署から給与及び解雇予告手当の指導は難しいと言われました。また、持ち込んだ機材の使用料と赤字の問題も含めて訴訟をしたらどうかと言われましたが。

給与及び解雇予告手当のみでも支払ってもらいたいと思っていますが、その場合どのような対応方法がございますでしょうか。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社労士です。
そのような面があったとしても実態で判断されます。
労働者といえるかどうかの実態です。
給料の話や解雇予告手当についての話になってるのはある意味、相手側も労働者であることをみとめているようなものです。
労基署にも担当者にもよるのですが対応が良くないと思います。
対応の方法ですが労働審判という方法があります。訴訟よりかは簡便で迅速な解決が期待できます。
ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問