JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

現在64歳で会社勤め(非常勤役員)をしております。連帯保証の取り消しについてご相談したいと思います。今から7年ほど前

質問者の質問

現在64歳で会社勤め(非常勤役員)をしております。連帯保証の取り消しについてご相談したいと思います。今から7年ほど前にある会社の役員に頼まれて代表取締役に就任することとなりました。
その会社では新規ビジネスを行うとのことでオーナー(会長)が数銀行から4億近い借り入れを行うところでした。小生も代表取締役になったことと新規ビジネスについても土地が担保ということで「連帯保証人」を引き受けました。しかしオーナー(会長)との意見が合わず10ヶ月で退任することとしました。連帯保証を行った銀行には退任とともに保証人の取り消しを行ってもらいましたが1行(商工中金)が取り消しができないとのことでした。内容を確認しに行くと借入した案件が保証協会付きのものなので連帯保証は取り消せないとのことでした。他の銀行は代表取締役退任とともに連帯保証人を取り消していただけたのに、保証協会付きに関しては本当に取り消せないのでしょうか。
その会社を退任して既に7年以上が経過していますが、業績が思わしくなくリスケを毎年行っているようで、その都度内容証明付きの借り換え契約書が私のもとに送られちきます。
一切の関係を絶ってから7年以上も債務を返せない前の会社の状況を見ると不安です。
法的手段を講じても連帯保証の取り消しはできないものでしょうか。
よろしくお願いいたします。
また良い弁護士様等のご紹介をしていただけるならその件もよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
>法的手段を講じても連帯保証の取り消しはできないものでしょうか。
ご事情は察しますが、そもそも論として、一度成立した連帯保証人から
外れる権利というのはありません。
契約手続きに不備があるなどの理由で、契約の無効を主張するという
ようなケースはあるかもしれませんが、役員の退任などの事情によって、
連帯保証人を外れることができるという法的な仕組みはありません。
>連帯保証を行った銀行には退任とともに保証人の取り消しを行ってもらいました
これは、あくまでも実務上応じてもらえているだけであって、いわば銀行が親切で
対応してくれているにすぎません。
>保証協会付きのものなので連帯保証は取り消せないとのことでした。
前述しました通り、そもそも金融機関には応じる義務はありませんが、
保証協会付の契約においては、保証協会が応じるかどうかという問題になります。
保証協会は、保証人が死亡した場合や行方不明になった場合などを除き、保証人を外れることも交代することも、原則として認めていません。保証人を外れるためには、現在の代表者を保証人として新規融資を受け、借り換えをするなど、現在の契約そのものを終了させてしまうのがもっとも現実的な手段といえるでしょう。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございました。ただ短期間の在任中に連帯保証をおこなったことが間違えだったと反省をするしかないというのも今ひとつ納得がいきません。長期にわたって経営を行えたなら返済に対する責任を持つというのもわかりますが10ヶ月しか在籍していないのに責任が重すぎると思います。

また、新規融資を受けて前の契約を終了するという件ですが、現在のその会社は業績が思わしくなく評価が悪いため新規融資はできないと商工中金の担当が申しておりました。このまま事態を静観するしかないのでしょうか。

本当に何の手段も講じることができないのでしょうか。

専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.

そもそも、連帯保証人になるということは、連帯保証契約という独立した契約であって、

会社の役員だから保証人になった、と考えてしまうから、違和感が出てきてしまいます。

(以下、単に保証人と記載します。)

たとえば知人のAさんからご質問者様がお金を貸してほしいと頼まれたとします。

Aさんが本当に返してくれるのか心配でしたが、Bさんが私が保証する

から、貸してやってくれと頼んできました。

このような状況があり、お金を貸した後で、Bさんが、「Aさんとはちょっと考え方が

あわなくて、信頼できない。付き合いをやめることとにしました。だから保証人から

外してください。」

と、いってきたとしたら、ご質問者様であれば納得できますでしょうか?

むしろ、話が違う、そんなこと言うのであれば、今すぐ返してくれ、と言いたくなり

ませんか?

>現在のその会社は業績が思わしくなく評価が悪いため新規融資はできない

保証人というのは、借主が返済できない場合に、代わりに返済してもらうために、

金融機関の損害を少しでも減らすために、なってもらうものです。

むしろ、経営状態の悪化に備えて保証人を付けてもらっているわけですから、

この状況で外れさせてくれというのがそもそもタイミングとしても悪すぎます。

どちらかといえば、「経営状態が万全でなんの心配もない、資産もたくさんある

から、私が保証人にならなくても大丈夫でしょう。私は今回役員から外れるので、

私を保証人から外れさせてもらえませんか?」といってお願いをするのが、本来の

筋でしょう。

交渉をされるのであれば、ご質問者様以上の資力のあるかたが代わりに保証人に

なるので、私を外してくださいとお願いして、了承を得られれば御の字でしょう。

ただ、現実的には先にも回答しました通り、保証協会については協会の方針上難しい

ですので、保証人を交代するというよりは、別の保証人や担保を準備して、お金を

貸してもらえるよう交渉される方が、実現可能性としては高いように思います。

法律 についての関連する質問