JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4769
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

Facebook上で、公開範囲の設定を誤り、他人のプライバシーに関わる写真を幅広い人々に流してしまいました。相手

解決済みの質問:

Facebook上で、公開範囲の設定を誤り、他人のプライバシーに関わる写真を幅広い人々に流してしまいました。
相手方に非常に迷惑をかけてしまい、どうお詫びすれば良いのか分かりません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご相談者様が、故意にプライバシー侵害をしたようではないので

そこまで畏まる必要は無いかもしれません。

今回は、写真と言うことですが、そのことで肖像権の侵害が起きたことも無いようですし

写真自体が、その方の名誉に関わることであれば名誉棄損罪が成立するかもしれませんが

その写真でその相手の方が特定できるものでしょうか。

また、名誉棄損罪は、親告罪となりますので、相手の方が訴えなければ問題はありません。

それと、その画像自体は、すぐに消去等されたのでしょうか?

確かに、不特定多数の方が見て画像を保存したりすると二次利用もあるかもしれませんが

そこまで深刻に考えるべき写真だったのでしょうか。

また、損害賠償するにしても迷惑の度合いによると思います。

一応、SNSでの問題ですから、SNS上に謝罪文を載せて、保存等した方は

削除をお願いしますと要請してみてはどうでしょうか?

それでも、誰かが故意に公開したりそれを利用して損害が起きれば

その誰かに責任が生じる訳です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問