JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2227
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

遺留分についての質問です。 昨年父が亡くなり、相続人は母、長男、長女(私)の3人です。遺産は預貯金77,789,9

解決済みの質問:

遺留分についての質問です。
昨年父が亡くなり、相続人は母、長男、長女(私)の3人です。遺産は預貯金77,789,901円
、土地家屋が73,640,950円で他にはありません。遺言状では母3,000万円、私2,200万円、残りはすべて弟、遺言執行人も弟となっております。現状はそれぞれの分を銀行口座に振り込みをするまでの段階になっております。
そこで質問なのですが、母の分は4分の1だとすると遺留分を満たしていないと思うのですが、どのような計算をするのでしょうか?
宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
shihoushoshikun :

質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。遺留分の計算方法ですが、配偶者である母親は遺留分の算定基礎となる財産の4分の1となります。「遺留分算定の基礎となる財産」とは、被相続人(遺言者)が相続開始時において持っていた財産の価額(いわゆる遺産)に、生前贈与した財産の価額を加えた額から債務を差し引いて算定します。今回のケースですと、預貯金と不動産の財産を合わせて約1億5000万円となります。その価格の4分の1ですので、遺留分は約3750万円となります。そうなると、遺言の額より750万円ほど足りません。その足りない分は、遺産をもらいすぎの相続人(弟)に750万円の遺留分を請求していくことになります。

shihoushoshikun :

回答に関して不明な点がありましたら、補足しますので返信してください。

shihoushoshikun :

回答が参考になりましたら、評価をお願いします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

再度質問です。

先ほどの土地家屋は路線価です。

遺留分の計算は路線価でよろしいですか?長男は不動産の鑑定が必要と言っていますが、そのような事があるのでしょうか。

又、遺留分請求は今回の入金とは別に母から請求すれば良いですか?

宜しくお願い致します。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
>遺留分の計算は路線価でよろしいですか?長男は不動産の鑑定が必要と言っていますが、そのような事があるのでしょうか。
→相続財産の価格評価の方法には決まりはありません。代表的なものは不動産鑑定士に鑑定してもらうか、路線価の価格で計算するという方法です。どちらの方法で算定するかは相続人の協議によって決められます。
争いになって裁判にまで行けば、裁判所は不動産鑑定士の評価で算定するようにしているようです。
>遺留分請求は今回の入金とは別に母から請求すれば良いですか?
→遺留分の金額を別にする必要はありません。最初に入金してもらうお金に遺留分の価格を加えたお金を請求して、振り込んでもらっていいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。

何度もすみません。

・鑑定士に鑑定してもらうというのは、資産価値をみてもらうという事 ですか?

・出来れば先に遺言の金額を振り込んでもらいたいのですが、遺留分の請求を後にしても良いでしょうか?

宜しくお願い致します。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
>鑑定士に鑑定してもらうというのは、資産価値をみてもらうという事 ですか?
→そういうことです。不動産の資産価値を算定してもらうということです。
>出来れば先に遺言の金額を振り込んでもらいたいのですが、遺留分の請求を後にしても良いでしょうか?
→そういうことでも問題ないですよ。結局最終的に遺留分を含めた額を受け取ればいいことです。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問