JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

4年前に、退職金の減額と共に5年間の雇用継続の契約を結びました。 1年毎の契約更新です。 4月11日の誕生日が契

質問者の質問

4年前に、退職金の減額と共に5年間の雇用継続の契約を結びました。
1年毎の契約更新です。
4月11日の誕生日が契約更新日です。
先月末に、今回の更新は行わないとの話が出て、辞めるのは致し方ないが、何らかの誠意を見して欲しいとの要求をしたところ、苦しい現状なのでお金は出せないとの答えでした。
このまま認めてもいいのでしょうか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
Customer:

 契約締結日に「次回の更新は行わない」という明示の文言が必要です。また「苦しい現状なのでお金は出せない」ですと?はぁ?そのようないい訳が通るくらいなら世の中苦労しません。合理的な理由が必要です。退職金の減額は就業規則に明示してないとダメです。また労働者に著しい背信行為があった場合に限られます。あっせん、労働審判で争えば十分に勝機のある事例です。

JACUSTOMER-01365dig- :

少しは安心しました。

JACUSTOMER-01365dig- :

あの後、会社から

JACUSTOMER-01365dig- :

一年間、月10万円、週20時間以内の雇用継続の話が来ました。他会社の就業もいいそうです。

Customer:

 それはよかったですね。契約書をきちんともらったほうがよいですね。

法律 についての関連する質問