JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

雇用保険の未加入退職者に対する対応について 1)在職21年の社員が65歳で定年退職した。当社では雇用保険は未加

質問者の質問

雇用保険の未加入退職者に対する対応について
1)在職21年の社員が65歳で定年退職した。当社では雇用保険は未加入だった。
2)90日間の救済措置で加入手続き申請したが本来20年以上勤務の場合150日
支給されるのでその差額90日分を払って欲しいとの要求
3)当社としては未徴収分の雇用保険料を差し引いてその差額を本人に払うことで納得しても  らいたいがその考え方が間違っているのかご指導いただきたい
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。

回答いたします。

結論から言うと,間違っていないと思います。

その退職者が150日分の失業保険を受給するためには,20年分の保険料を支払って始めてもらえるものです。

保険料を支払わないにもかかわらず,失業保険だけ支払えというのは,筋が通っていません。

給付を受けるためには,そのための義務も果たす必要があるということです。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験: 東京大学卒業
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

雇用保険未加入退職者から150日分(20年以上の勤務)の

満額支給の要求が有った時、会社も本人も保険料は払ってない場合、90日間の救済措置を会社負担で申請して免責となるのか、残り60日分の保証はしなくてはならないのか教えてほしい。

専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
2年以上遡っての加入手続きの場合は、2年以上前の期間について雇用保険料の天引きが行われていたという事実の証明が必要です。 それがない場合は、ほおっておいてよいでしょう。裁判等で請求する方策もありませんので、あきらめるしかないので、ほおっておくことです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご返答ありがとうございます。

大変満足なご回答です。給料明細書に天引きされてない事実は承知での要求は話にならないと思っておりました。

専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。私も総務的なことはやっておりますので、こういう法的に通らないゴリ押し的労働者は何%かの比率でいますので、ご心情はよくわかります。またご不明の箇所があればなんなりにお尋ねください。ナットクいきましたならば、またご評価のほうもよろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問