JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

当方原告で、横領事件につき本人訴訟中です。 被告は弁護士付です。 調べていくうちに、被告は当初の金額だけではなく、

質問者の質問

当方原告で、横領事件につき本人訴訟中です。 被告は弁護士付です。
調べていくうちに、被告は当初の金額だけではなく、他にも横領した形跡ががあり、追加で訴訟したいのですが、その場合、新たに訴訟しなければならないのでしょうか。それとも追加訴訟と言う形(これが正しいのか分かりませんが)で訴訟すれば宜しいのでしょうか。御教示の程、宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。

回答いたします。

新たに訴訟をする必要はなく,「請求の拡張」ということで,今の訴訟にその主張を追加できます。

その際は,裁判所に払う手数料を追加しなければなりません。

そのため,担当書記官に,主張を追加したいことを伝えて,必要な手続きを聞くことが一番早いと思います。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

了解しました。「請求の拡張」ということで、追加したいと思います。

本件、地裁で開廷中に同じ質問をしたところ、裁判官は、追加でもいいですが、金額によります。又、本来の横領事件が昨年の10月から実施しており、長引いているせいもあり、別件として貰った方が、有り難いですと。 又、被告弁護士側は、別にして下さいとの事です。 勿論、被告弁護士の言い分は無視しても構いませんが。 上記の経緯です。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

請求の拡張は,裁判の進行具合から認めるか認めないか裁判所が最終的には判断します。

しかし,それは申し立ててみないと何とも言えません。

まずは申し立ててみて,許可が出なかった場合には,別訴ということでよいと思います。

よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

了解しました。

「請求の拡張」で追加してみます。

ありがとう御座いました。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
こちらこそありがとうございました。

法律 についての関連する質問