JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1048
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

昨年3月より個人企業の小さなデイサービスに勤務しております。最初に残業代は出ないということは聞いていましたのでできる

質問者の質問

昨年3月より個人企業の小さなデイサービスに勤務しております。最初に残業代は出ないということは聞いていましたのでできるだけ残業にならないように勤務してきました。が、ご利用者様の増加に伴いどんどん仕事量が増え就業時間内に仕事を終えることが難しくなってきました。休憩時間についても30分しか取れないことが週に2~3日あります。昨年末に社長との話し合いの結果「残業代は出す」と合意していただいたのですが、それは月末月初の特定業務にのみ適用されるもので他の業務に関してはこれまでと同じで一切残業代は頂けませんでした。
(残業代申請書というものもなかったので自分で申請書を作り特定業務分のみ申請したけれど社長から一つ一つ確認が入り結局給与明細で確認したところ半分はカット(もみ消し)されていました)翌月の残業申請について社長より「残業申請書」というものが用意され必ず事前申請し認められたものしか残業代は出さないと言われたので事前申請したところ、「これは認められない」と即決されました。理由を聞いたところ特定業務ではないからということでした。そしてこの事で社長から「残業代を出すと言った途端調子に乗って申請してきた」「残業代欲しさに仕事している」「あなたは酷いから」「協調性がない」などというようなことを言われました。
そして挙句の果てには「就業規則を変更したから来週の月曜からこれで行くから」と金曜日の夕方に変更になった就業規則を見せられその場で確認してくれと言われました。
就業規則には変更になっていることが何箇所かありましたが全部確認するにも時間がありませんでした。
一番大きな変更は基本給の中に残業30時間分を含むということが記載されてあったことです。
雇用契約書の内容を就業規則の変更ということで私達の同意なしで変更できるものなのでしょうか?
私はあまりのことに腹が立ち気分も悪くなってしまい就業規則もきちんと見れなかったのですが、同僚が言うには「残業は認めない」という記載もあったそうです。
その新しい就業規則はその後社長が持ち帰り、確認しようがありません。
社長は会社が依頼している社労士さんに頼んでこの就業規則を改訂していただいているので「社労士さんに作ってもらってるから問題ない」と言うのです。
私はこれまでの社長の言動(特に人格否定されるような言葉)に我慢できず「もう辞めますから就業規則も変えたいのなら変えたらいいんじゃないですか。でもそれは新しく入ってきた人から摘要してください」と言ってしまいました。
社長はこの時私が「辞めます」と言ったことを「口頭で言ったことでも受理できるそうだから」と別の従業員に話していたそうです。そんな話しを社内で第三者に話すということもおかしくないですか?
私が怒って「辞める」という言葉を言わせるための作戦だったのではないかと思うのです。
真意はわかりませんが、「辞める」と口走ってしまったことで本当に退職に追い込まれるのでしょうか?
私の一ヶ月の労働時間は200時間を超えています。休憩も1時間ちゃんと取れていません。
この時の社長の言動と今までのストレスが原因で気分が悪くなり心療内科を受診したところ「自律神経失調症」と診断されました。今は社長と話をするだけで動悸が激しくなり足が震えます。
少し仕事を休んだほうが良いのだと思うのですが、この休みをきっかけに退職勧告されそうで踏みきれません。パワハラで労基に訴えたい気持ちもありますがそのことで職を失うことになるのではないかと思うとそれもできません。私に残されているのは退職しかないのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

基本給の中に残業30時間分を含むと就業規則を変更するのは、これまでの基本給が大きく減ることになり、労働条件の不利益変更となるので認められません。変更前までの基本給プラス残業した分の賃金を請求できます。また、請求したことで辞めさせることもできません。

辞めますの発言については、いつ辞めるかも言ってないですし辞める必要はないです。口頭でも例えば3月いっぱいで辞めると言った場合は有効となりえます。ただ、その場合でも辞めますの発言が真意でなかったのであれば無効を主張できます。

パワハラについても訴えたからといって辞めさせることはできません。

ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です

もう少し回答いたします。

ご病気で会社を休むことをきっかけに会社が退職を勧めてきても応じるかどうかは自由ですので拒否すれば良いです。

それから就業規則に休職についての定めがあれば、休職することもできます。例えば、最大で6か月の休職を認める定めであれば、最大で6か月休職することができます。

質問者: 返答済み 2 年 前.

就業規則は社長が持ち帰っているみたいなのでまた確認してみます。

ありがとうございました。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です

評価くださいましてありがとうございます。

そうされると良いでしょう。
こちらこそ、ご相談いただきましてありがとうございました。

法律 についての関連する質問