JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1376
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 さいたま市の省エネ対策の補助金制度を利用しようとしたのですが、市からダメの決定を受け困惑し

質問者の質問

よろしくお願いします。
さいたま市の省エネ対策の補助金制度を利用しようとしたのですが、市からダメの決定を受け困惑しております。
補助金申請をするのは今回が初めてのことです。
昨年6~7月に屋根の塗装工事をしました。
業者から市の補助金対象になるので7万円補助されると言われ、契約し工事をしてもらいました。
その後業者が市の環境局環境共生部宛てに書類を提出し補助金申請を主人の代行ということでしてくれました。
市からは交付決定通知書が届きました。
そして今回工事の実績報告書を提出することになった時に、申請者の住民登録が問題になりました。
実は我が家は主人が単身赴任で今、さいたま市には住んでいません。
ですが私が無知で業者に主人の事を何も話していませんでした。わざわざ主人が居ないなど他人に言う必要もないと思っていましたので。当然業者は知らないので、家の名義も支払の講座振替の名義も主人になっているので、私に確認するまでも無く主人名で書類を作成し、署名欄に私に主人の名前を書いてくださいと書かせました。
問題になっているのは、業者が申請代行をしてくれたのが主人の名前で、私の名前でなかったということです。
今回市の住民登録者でなければいけないことを初めてしり、市担当課の地球温暖対策課に申請者を主人名から留守宅を守っている妻の私に変更してもらい、実績報告書を私の名前で出すと連絡しました。
ところが市は実績報告書の審査をした時に主人がさいたま市の住人でない場合は交付できない上、申請者の名前変更もできないと返事してきました。
工事の内容は市の補助制度に沿ったもので、我が家も28年間今の家に住み住民登録をしています。
たまたま5月のゴールデンウィークから主人が単身赴任して、暫くさいたま市に不在となってしまいました。工事の一か月前です。
市は実績報告書を受理し審査をした時に申請者の住民票が市に有ることが必要だから、我が家は対象にならないといいます。
なら、報告書を送ったそのあと数週間だけ主人の住民票を移していれば良いのかと聞くと、「その時住民票が有れば良いので・・・・」と詐欺的な方法でも条件が有っていれば良いような返事でした。
申請者の名前の変更をしてくれれば他に問題はなく、ずるいことも詐欺まがいの事もしていないのに、「条例で」を繰り返し納得がいきません。
もう如何しようもないのでしょうか?
名前だけにこだわり、工事の内容や省エネ対策工事のための補助金の目的等は考えて無い対応に納得がいかないのですが、諦めるしかないのでしょうか?
世間知らずの私にご助言をお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
Customer:

>実は我が家は主人が単身赴任で今、さいたま市には住んでいません。 ですが私が無知で業者に主人の事を何も話していませんでした。わざわざ主人が居ないなど他人に言う必要もないと思っていましたので。当然業者は知らないの で、家の名義も支払の講座振替の名義も主人になっているので、私に確認するまでも無く主人名で書類を作成し、署名欄に私に主人の名前を書いてくださいと書 かせました。 問題になっているのは、業者が申請代行をしてくれたのが主人の名前で、私の名前でなかったということです。>市は実績報告書を受理し審査をした時に申請者の住民票が市に有ることが必要だから、我が家は対象にならないといいます。申請時に申請者が住民登録をしていないとだめということですね。補助金申請は通常の役所仕事以上に厳格で、要件から少しでもはずれると全部却下になります。あなたの過失もありますが、90%は申請代行を行った業者の責任です。われわれ社労士はこういう場合、全額賠償請求されます。>市担当課の地球温暖対策課に申請者を主人名から留守宅を守っている妻の私に変更してもらい、実績報告書を私の名前で出すと連絡しました。→これは不正受給になります。またそもそもウソを書いていたので、これも公正証書原本等不実記載罪になります。それをとがめだてしてこないだけまだましです。あまりかかわらないほうがよいです。>報告書を送ったそのあと数週間だけ主人の住民票を移していれば良いのかと聞くと→これは完全にセーフなわけです。法律のみが基準ということですね。

JACUSTOMER-almy33v9- :

条例を盾に融通の利かない市の対応に対しての、法を盾にした何かの方法があることを期待していたのですが、一般論的なお返事でした

JACUSTOMER-almy33v9- :

でも、参考にさせていただきます

Customer:

 一般論というか、助成金・補助金の類は、仮に申請期限に間に合わなかった場合でも救済は一切ない例外もないということです。>申請時の名前の事だけをとらえ、交付できないの返事をしてきました。→条例は守らなくてよい、とかウラから通す方法はないか、政治家の力を借りたい、ということをこのサイトでお知りになりたいようですから、それは無理無体というしかありません。

Customer:

>業者から市の補助金対象になるので7万円補助されると言われ、契約し工事をしてもらいました。 その後業者が市の環境局環境共生部宛てに書類を提出し補助金申請を主人の代行ということでしてくれました。→この業者に損害賠償請求するのが一つ、もう一つは交付決定通知書を出しながら、不支給処分にした、これに異議申し立てを行う

Customer:

しかありませんね。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
ご評価いただいてありがとうございます。いたらぬ点はご指摘いただければ、幸いに存じます。

法律 についての関連する質問