JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

お祭りの花火で個人(A)の銅板の屋根が火の粉で屋根一杯ひどい損傷になりました 区(C)の主催で花火屋(B)と契約をし

解決済みの質問:

お祭りの花火で個人(A)の銅板の屋根が火の粉で屋根一杯ひどい損傷になりました 区(C)の主催で花火屋(B)と契約をしてあります 個人(被害者A)は屋根をふき替えなければ承知しない と言っております 前回8年前に花火の空が屋根一杯だったとお祭りの準備会合では、「困る」と提案がありました 区(C)はそこでお祭りに花火なしでは個人(A)の意見を無視した状況です 個人(A)と花火屋(B)で仲介に保険屋を入れて進んで来ました そしたら(A)要求と大きな差が出てきました (C)にどうして関係ないような第三者のような気持ちでいるのか 関わりあってくれなければ「裁判に」と言って来ました (C)の立ち位置はどういう立場になり、対応していけば良いでしょう か 区(C)側区民より
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。

回答いたします。

詳しい契約関係を見ていないので何ともいえないところもあるのですが,お祭りが区主催である以上,区と花火業者両者に責任があると思います。

そのため,区の立場としては加害者の一部ということであり,被害者としては,花火業者と区,両方に屋根の損害について,賠償請求をしていくことになるかと思います。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問