JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

専門学校の募集要項に入学金の返還はしない旨の記述がありましたが、入学金20万の返還を求めたいと思っています。どのよう

解決済みの質問:

専門学校の募集要項に入学金の返還はしない旨の記述がありましたが、入学金20万の返還を求めたいと思っています。どのような方法をとればいいのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
入学金や前期授業料などの前納金については、消費者契約法が施行された平成13年以降、多数の裁判が行われ、判例がすでに固まっています。
消費者契約法施行前は、基本的には認められないのが通例でしたが、この法律が施行された現在では、入学金については返金不要、それ以外の授業料や施設負担金などについては、3月31日までに入学辞退をした場合には、返金をするべきであるという内容になっています。
これは、入学金については、学校への入学できる地位への対価であるため、入学を辞退した場合であっても、これについてはすでにその恩恵を受けていると考えられるためです。
もっとも、100万円の入学金というように、他の学校の入学金などと比較して著しく高額な入学金を定めている場合などには無効と判断される可能性もありますが、特にそのような事情のない限りは有効であるというのが現在の裁判所の立場になります。
言い方を変えれば、入学金を返金してほしいと考える方は多いということでもあるわけですが、学校としても貴重な収入源であることから、ここで返金を認めてしまうと(学校にとって)悪い前例になってしまいますから、学校が任意で返金をするということは考えがたいでしょう。
どうしても納得できないということであれば、訴訟を起こすことは考えられますが、現在の法律上の解釈は前述のとおりであり、もしこれが認められれば新聞の一面を飾ってもおかしくないような事例になり、非常に厳しいというのが実情といえます。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問