JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

販売店で購入された商品(1000円未満)が短期間で破損したというお客様からお電話があり、話し合いの結果交換品を送るこ

質問者の質問

販売店で購入された商品(1000円未満)が短期間で破損したというお客様からお電話があり、話し合いの結果交換品を送ることになりました。
宛先の住所は実在することは運送会社を通じて確認しましたが、お客様が名乗られた名前が漫画の主人公の名前であるため、届けさきの名前が住所と異なることから荷物をお届けすることができず、会社に返送されていました。
その旨の説明のためのお電話を行いましたが、運送会社が悪いと、怒鳴られ、かつ正確なお名前を尋ねても一切応じていただけません。
現金書留で返金するよう申し出がありましたが、どこの店で、いつ、購入価格についても覚えていないと言われます。
このお客様と3回対応行っており、都度1時間以上の対応時間を行い、その間電話の回線と対応者が拘束された状態となっています。
今回送付する現金書留が同じ理由でお届けできない場合、威力業務妨害と判断し対応ができるでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
Customer:

>お客様が名乗られた名前が漫画の主人公の名前であるため、届けさきの名前が住所と異なることから荷物をお届けすることができず、会社に返送されていました。、威力業務妨害と判断し対応ができるでしょうか。正確なお名前を尋ねても一切応じていただけません。 現金書留で返金するよう申し出がありましたが、どこの店で、いつ、購入価格についても覚えていないと言われます。→ひやかしの可能性があります。あなたは履行の提供をしているが、相手は履行の提供も

Customer:

ない、

Customer:

ということですので、ほおっておいてよいかと思います。業務妨害罪ですが、民亊くずれといって、相手にしてもらえないことが多いです。

JACUSTOMER-npw8afie- :

実際に訴訟を行うことが今回の目的ではなく、企業として法的にこれを放置することでお客様から不履行の申し出が出る

JACUSTOMER-npw8afie- :

のではないかと心配しています。 また、都度電話で暴言を吐かれており、応対する電話オペレーターの心理的苦痛による離職につながる可能性も否定できません。

Customer:

>販売店で購入された商品(1000円未満)が短期間で破損したというお客様からお電話があり、話し合いの結果交換品を送ることになりました。→これでお宅としては現実の履行の提供をしていること

Customer:

になるので、債務不履行の責任を問われることはありません。>都度電話で暴言を吐かれており、応対する電話オペレーターの心理的苦痛による離職につながる可能性も否定できません。→客の暴言による従業員の離職は、別次元の問題であり(自己都合離職になるのでしょうか会社都合離職でしょうか?)、暴言との因果関係の立証も難しい問題があると思います。専門の苦情処理係りを設けることが必要です。>今回返金金額としてお客様住所近辺の販売店価格を調査し1,000円返金を現金書留で送付。 お客様からは返金と同時に弊社社長からのお詫び状を作成し送付することを要求されています。→前述のように債務不履行責任を問われるいわれはないのですが、また訴えるつもりもないとのことですが(但し相手方が訴えてくる可能性があるので一言しました)、謝罪文を入れろということであるならば、一筆送っておけばそれで済み、会社にとっても非を認めたことで別段不利益になることはないと思います。>今回送付する現金書留が同じ理由でお届けできない場合、威力業務妨害と判断し対応ができるでしょうか→これが(刑事で)訴える云々の問題かと思いますが、偽計業務妨害罪は、虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の業務を妨害した場合(刑233条)に成立、威力業務妨害罪は、威力を用いて人の業務を妨害した場合(刑234条)に成立します。本事例では、クレーム電話

Customer:

で業務に支障が生じた場合、威力業務妨害罪で刑事告訴が可能になると思います。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
ご評価いただきありがとうございました。またご不明の箇所がございましたら、お気軽にお尋ねください。

法律 についての関連する質問