JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2310
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

開業していない鍼灸師の施術を80になる父親が1年半に渡りほぼ毎日在宅訪問の形で受けていました。 過去に看板を出して

解決済みの質問:

開業していない鍼灸師の施術を80になる父親が1年半に渡りほぼ毎日在宅訪問の形で受けていました。
過去に看板を出していたことがあるようですが、今は掲げていないようです。
そもそも施術を受ける発端となったのは、1年以上前に軽い脳梗塞になり自宅療養するようになったころからです。
昔の会社の同僚のつきあいから鍼灸師として現れた彼は、毎晩深夜4時ごろに自宅に訪れ、認知症の母親と2人で8,000以上の金額を毎回請求しており、父親は現金にて
支払っていました。その際のレシートや領収書は一切なく、口約束での契約のようです。
1年間は自分の貯金から費用を工面していたみたいですが、その後骨折して入院治療、リハビリ治療で入院していたため、半年以上つけにしていたようで、すでに貯金を使い果たしてしまい、ようやく自分(息子)がその事実を知ることになった次第です。
施術内容を聞いてみると、血圧を測るくらいでそれ以上のことはなにもしていないようです。
半年間のつけが100万近くあるようなのですが、その支払いに対し、請求書を要求しても拒むようで、逆に踏み倒す気かとすごまれ、催促にきたときに手近にある現金を渡してしまうようです。
父親とは同居していませんので、鍼灸師の彼とは面識が
ありません。
今までの経緯を父から聞いた内容では、明らかに違法な
診療行為に受け取れるのですが、契約は成立しているのでしょうか?
こちらとしても、あとくされがないように請求書を元に
きっちりと手続きをしたいのですが、どのように対応
するべきか悩んでいます。
よろしくご教示ください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
鍼灸師は正式には、はり師、きゅう師別々の国家資格が必要です。
無資格営業には罰則があります。
あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律13条の7
1 次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。
一  第一条の規定に違反して、あん摩、マツサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業とした者
ご相談の内容から察するに無資格営業である可能性が高いですから、
免許を提示し診療内容の内訳と請求額を書面で提出した上であれば、
支払うと申し出るとよろしいでしょう。
正当な請求でないものについては、そもそも請求権がないと考えますから、
まずはそのように牽制されるのがよろしいでしょう。
また今後免許提示がないのであれば、診療お断りとも申し添えましょう。
凄まれたり脅されたら、脅迫罪、恐喝罪などが成立する状況ですから、
迷わず警察に通報してください。
いかがでしょうか?
不明点あれば補足致しますので、ご返信ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。

因みに過去に支払った分については、

法的手段によって返還請求可能でしょうか?

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
>因みに過去に支払った分については、法的手段によって返還請求可能でしょうか?
診療行為がでたらめであれば、錯誤無効(民法95条)か詐欺取消(民法96条)が可能でしょうから、
不当利得返還請求は可能であると考えます。
ただ相手は素直に返還はしないと考えられますし、執拗に取り立てをしてくる事を考えると
支払い能力があるかどうかは疑問です。
請求しても回収できる見込みがあるかどうか確認されてからの方がよろしいでしょう。
以上よろしくお願い致します。
dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問